育児うつとは?「育児ノイローゼがつらい…」対処法&サポート機関を紹介

メンタルヘルス

この記事を監修してくれたのは…

育児ノイローゼがつらすぎる…育児うつを乗り越える方法が知りたい…

育児ノイローゼとは、育児への不安が膨らみ、イライラや無気力などの精神的な不調の症状が起こる状態を指します。育児ノイローゼが長期化すると、育児うつになってしまう可能性もあるため注意が必要です。

親にとって育児は新たな試練の連続で、思い通りにいかないと感じる機会は少なくありません。つらい気持ちを抱えたままひとりでがんばりすぎて限界を迎えてしまう前に、どんな対処法を自分でとれそうか振り返る機会を作ることが大切です。

本記事では、育児うつを回避するために頼れる子育て支援機関を紹介しています。もちろん、日常生活に支障をきたすほどつらい症状が続いているようであれば、無理せず専門医を頼りましょう。

育児うつとは?産後うつとの違い

「産後うつ」とは、産後1〜2週間から数ヶ月以内に発症し、症状が1年以上続くこともあるうつ病を指します。

10人に1〜2人の発症率のため、誰がなってもおかしくない身近なうつ病といえます。産前から産後にかけての急激なホルモンバランスの変化と育児への不安が原因といわれています。

「育児うつ」とは、子育て中に蓄積されるストレスや、子どもが生まれることで生じる急激な環境の変化により生じるうつ症状を指します。

産後うつと育児うつとの間に明確な定義の違いはなく、前者はDSM-5(アメリカ精神医学会の診断・統計マニュアル)に記載があるのが特徴です。

ほかにも、似ている言葉に「マタニティブルー」があります。マタニティブルーは軽度の産後うつで、出産後2〜3日のうちに症状が現れ、2週間以内におさまるものをいいます。

育児うつの原因として考えられる要因

同じ子育てでも、子どもの年齢により育児うつの生じる要因は異なるでしょう。0歳児であれば、赤ちゃんは基本寝ているか泣いているかのため意思疎通ができないつらさがあります。昼夜関係なくミルクは数時間おきなので体力も消耗します。

1〜2歳児は、早ければ1歳後半から「イヤイヤ期」がはじまる時期。自分でなんでもやりたがるのに上手にできなくてかんしゃくを起こして泣いて……と繰り返す我が子にストレスがたまり、育児ノイローゼの危険が高まりやすい時期です。

3〜4歳になると多くの子どもは幼稚園や保育園に通うようになります。同い年の子たちとの集団生活がはじまるため、子ども同士のトラブルが起こりやすく、子育て上の悩みとなりやすいです。他の子と自分の子の育ちを比べやすい時期でもあります。

育児うつ・育児ノイローゼの症状

育児うつ・育児ノイローゼになると、心身にさまざまな不調を生じます。代表的なものは気分に波がある、やる気が起きない、睡眠や食生活が乱れるなどの症状です。不調が生じると、生活リズムや気分をコントロールできない自分をますます責めてしまいがちです。

自分を責めるのではなく、不調は心身のSOSサインであり「何らかの対処が必要なことを教えてくれている」と受け止め、適切に行動することが大切です。もし下記の症状が現れ、日常生活に支障をきたすほどなら育児ノイローゼを疑いましょう。

1.気分に波がある

気持ちに余裕がなく、子どもが言うことを聞いてくれなかったり、散らかしたりするとついイライラして怒鳴ってしまいます。ひどいときは、手が出てしまうこともあるかもしれません。

他の親の働きと自分を比べて、「周りはちゃんとやっているのに、なぜ自分はできないのだろう」と気分が落ち込みます。自分が親失格に思えてしまうこともあります。

2.やる気が起きない

ボーッとしてしまい、育児や家事への意欲がわかなくなります。ひとつタスクを終えるごとに疲労がたまり、休憩しているうちに気がついたら時間が経っていた……ということもしばしば。

キッチンやリビングが散らかっていたり、シンクに洗い物がたまっていたりして、「片付けねば」と思うのに体が動きません。買い物に出かけても、何を買えば良いのか考えられず時間がかかってしまいます。

3.睡眠&食生活の乱れ

夜泣きや育児に追われる生活を送るうちに、睡眠リズムが崩れたり、過食が起きることがあります。反対に、食欲が全くなくなってしまう人もいるでしょう。体は疲れているのに寝つけず、眠れたとしても子どものちょっとした音で目覚めてしまいます。

育児ノイローゼの状態になると、ストレスから逃れるために過食に走ってしまう場合があります。子育てに対して悲観的になると、頭の中が不安でいっぱいになり、食欲がなくなってしまうことも。

あーちゃん

あーちゃん

1992年生まれ。臨床心理士(公認心理師) 指定大学院を卒業し資格を取得後、街のクリニックで非常勤心理士としてカウンセリングや心理検査の業務に従事する。小学校や高校のスクールカウンセラーとしても活動中

関連記事

特集記事

TOP