心療内科の初診では何を話す?内容や料金|自分に合う病院の見つけ方

メンタルヘルス

この記事を監修してくれたのは…

心療内科に行きたいけれど、何を話すのかわからなくて不安…

心療内科に行きたいけれど、どんな診察をするのか想像がつかなくて不安。ちょっと話しただけでたくさん薬を処方されるイメージがある。行って良くなるのかわからないし、知り合いに合うのではないかと心配になる。こう思った経験はありませんか。

頭痛や腹痛、めまい、動悸など、何らかの体の不調を抱えているものの、心療内科の受診をためらう人は多いのではないでしょうか。今回は心療内科の初診の具体的な流れや、よくある質問項目をまとめています。

受診を検討している人の参考になり、少しでも受診への抵抗がなくなれば幸いです。

心療内科と精神科の違いは?どちらに行くべき?

心療内科と精神科は、前者がストレスや心理的な要因から体に現れる症状を扱うのに対し、後者は気分や感情、思考の症状(精神症状)を扱う点で異なります。

実際は心と体は密接に関係しているため、ストレスが原因で体に症状が現れることもあれば、体の症状が原因で気分が落ち込むこともあります。どちらを受診すべきかわからない場合は、一度医療機関に問い合わせてみることをおすすめします。

1.心療内科の特徴

心療内科は主にストレスや心理的な要因から体に現れる症状を扱う診療科です。頭痛や腹痛、めまい、逆流性食道炎、過敏性腸症候群、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、摂食障害、月経前症候群、自律神経失調症などが対象疾患です。

検査をしたものの異常が見つからず、職場や学校など特定の状況で症状がひどくなるようであれば、精神的ストレスによる身体症状の可能性が高まります。このような場合は心療内科の受診をおすすめします。

2.精神科の特徴

精神科は主に気分や感情、思考の症状(精神の症状)を扱う診療科です。不安やイライラ、気分の落ち込み、幻覚や妄想などの症状が対象となります。対象疾患はうつ病や躁うつ病、適応障害、不安障害、パーソナリティ障害、統合失調症、自閉スペクトラム症、不眠症などです。

病院によっては、精神神経科と表記されていることもあります。名称が似ているものに神経内科がありますが、メンタルヘルスの問題は扱っておらず脳の神経系を専門とする科なので注意してください。神経内科は認知症やパーキンソン病が専門です。

心療内科を受診した際の初診の流れ

心療内科を受診する場合、初診までの流れは初診の予約、来院後の問診票記入、診察、検査(必要に応じて)、治療の開始となることが多いです。精神科や心療内科は混み合っていることが多いため、予約は早めに行うようにしましょう。

受診の際には保険証やお薬手帳を持参してください。初心の時間は最低でも15分、通常は30分〜1時間程度かかるとみておいてください。現状困っていることや、医師に相談したいことを箇条書きのメモにして持っていくとやり取りがスムーズです。

初診では今何に困っているのか、受診に至った経緯、いつから症状が現れたか、症状の頻度や内容、起こりやすい状況、思い当たるストレスなどを聞かれますので、あらかじめ答えられるよう準備しておけると安心です。

診察料金は自己負担3割の方で約2,500円~3,000円、2回目以降は1,500円程度です。別途、必要に応じて薬の処方や検査が行われる場合もあり、薬や検査の種類により料金は異なります。

心療内科の初診では何を話す?

心療内科の初診では現在困っている体の不調や、症状の始まった時期、これまでかかったことのある病気、服用中の薬の内容、食事や睡眠、嗜好品などを満遍なく聞かれることが多いです。

患者自身は体の症状が精神的ストレスによるものだと思っていても背後に別の身体疾患が隠れていることもあるため、初診では丁寧に現在の体調を尋ねます。場合によっては、検査をすることもあります。

1.今、いちばん困っている症状は何か

心療内科を受診するということは、体に何らかの症状がみられており、ストレスや心理的な要因により体に症状が現れていることが多いもの。初診ではこれが一番つらいと感じる症状を医師から必ず聞かれます。

頭痛や腹痛をはじめ、不眠、食欲不振など、思い当たる症状は全て医師に伝えるようにしてください。できれば症状がいつ始まったか、1日あるいは1週間のうちどのような状況で症状がひどくなるのかなども併せて伝えられると良いです。

2.思い当たるストレス要因について

体に症状が現れるようになったきっかけとして思い当たるものがあれば併せて伝えましょう。転職や異動、昇進、引越しなどの環境の変化、会社に行こうとすると頭痛や腹痛、動悸がひどくなるといった伝え方でも大丈夫です。

心療内科は主に心身症を取り扱いますが、心身症の場合は、特定のストレス要因があり体に症状が現れることが多いです。もちろん何も思い当たらないこともあり得るので、その場合は「思い当たることはない」と伝えてOKです。

3.これまでかかったことのある病気や服薬歴について

体に症状が現れている場合は、これまでかかったことのある病気や、服薬歴についての情報も思い出せる範囲で伝えるようにしましょう。

動悸や息切れの症状があり、患者自身は精神的なものだと思っていたとしても、背後に心臓疾患や貧血、バセドウ病など別の病気が隠れている可能性もあるためです。

4.食事や睡眠、嗜好品などについて

食事や睡眠、普段よくとる嗜好品なども体調に影響するため、初診で尋ねられることがあります。食べすぎ、あるいは食べなさすぎていないか、寝つきが悪かったり途中で目覚めてしまうことがないかがチェックポイントです。

嗜好品に関しては、1日にどれくらいお酒を飲むか、タバコを吸うかなどを尋ねます。普段の食事や睡眠の記録を取っている方は、そのまま持っていくとやり取りがスムーズです。

あーちゃん

あーちゃん

1992年生まれ。臨床心理士(公認心理師) 指定大学院を卒業し資格を取得後、街のクリニックで非常勤心理士としてカウンセリングや心理検査の業務に従事する。小学校や高校のスクールカウンセラーとしても活動中

関連記事

特集記事

TOP