心理的安全性の定義とは|心理的安全性が低い企業と高い企業の違い

メンタルヘルス

この記事を監修してくれたのは…

心理的安全性の定義とは

素直に意見や質問を伝えられる、安心できる職場で働きたい。もしくは、今の職場を安心できる場所にしたい、と思ったことはありませんか。

心理的に安全な状態を表す「心理的安全性」という言葉があります。心理的安全性とは、一人一人が率直に意見を言い、素朴な質問や違和感の指摘をしても安全だと感じられる状態です。

1999年に組織行動学の研究に取り組むエイミー・C・エドモンドソンにより「チームの中で対人関係におけるリスクをとっても大丈夫だ、というチームメンバーに共有される信念」として定義されました。そのような心理的安全性のある企業にはさまざまな良い影響があります。

職場の人との意見の衝突が起きたとしても、心理的安全性があることでマイナスではなくプラスにつながります。たとえば業績が向上し、イノベーションが起きやすくなったり、情報と知識の共有がされたりしやすくなるのです。

心理的安全性が低い状態とは

必要なときでも助けを求めず、不十分な仕事でも妥協してしまったり、率直に意見を言えなかったりするなどの行動が起きやすい職場は、心理的安全性が低い状態と言えるでしょう。

職場やチームのために良い行いをしたいと思っていても、意見を出すと上手くいくのかと疑われてしまう、失敗すると評価が下がるなどのリスクがあると、心理的安全性が低く、思いのまま行動することができません。

心理的安全性を定義したエドモンドソン教授によれば、心理的安全性が低い状態で見られる不安を「無知」「無能」「邪魔」「否定的」の4つに分類しました。

心理的安全性が低いと、「無知」と思われたくないために必要なことでも相談せず、「無能」と思われないよう自身の考えを言えなくなります。また邪魔をしないように発言を控えたり、ネガティブに捉えられないように否定的な意見を言わなかったりします。

心理的安全性が低い職場では余計なことをせず自分の身を守る方が優先されたり、不安に思い楽しんで取り組むことができなかったりするため、思うように仕事の成果が上がらなくなってしまいます。

心理的安全性が高い状態とは

外交的であったり、アットホームでチームとして結束したりする職場というだけでは本当に心理的に安全性が高いとは言えません。異なる意見も遠慮なく言える、思ったことを率直に言っても人間関係には影響がないと思える状態が、心理的安全性が高い状態だと言えます。

心理的安全性が高い状態でもたらされるメリットのひとつは、「学習が促進される」ことです。職場の満足度やエンゲージメントが上がるといった利点だけではなく、情報の共有とさまざまな意見が活発に交わされることで、全員で学び合いができるようになります。

学習の成果が出るまでには時間がかかることもありますが、それぞれが学び合ってさまざまな考えを身につけられる、助け合える環境があるために、長期的には高い成果を出せるようになるのです。

心理的安全性が低い企業と高い企業の違い

不安や罰により仕事をコントロールされている職場は、心理的安全性の低い状態と考えられます。

心理的安全性の低い状態を高めるためには、適切なサポートがあり、適した場所で働けていることが重要となります。困ったときに相談に乗ってくれる同僚や上司がおり、成果が出ないときでも努力を認め感謝し合える環境は、心理的安全性を高めてくれるでしょう。

また、心理的安全性が高い環境を十分に生かしている企業は、仕事の質も高いという傾向があります。たとえば締め切りに遅れる、目標を達成しようとする意識が低いなど、仕事の質が低い状態では、仕事の充実感も低くなります。

一方で目標が高く反対意見を言い合っても安全と感じられる心理的安全性の高い環境では、仕事の充実感が高まるとともに、学びが多くより良い意思決定が行われるようになるでしょう。

会社の心理的安全性を高める前に、まずは自分を幸せにしよう

心理的安全性を高めるためには、相談できる人を作ったり個々人に合った場所で働けるようにしたりすることが大切であると解説しました。

一方で、企業の構造や環境を自分だけで変えようと思っても難しいこともあるでしょう。そのようなときは、まず自分でできる範囲から行動を変えていくことで、組織に影響を与えられるかもしれません。

組織の環境はチームとしての習慣や行動から作られますが、チームの習慣は一人ひとりがどんなタイミングでどのような行動をとるかが大きく影響します。まずは自分一人でも、心理的安全性を高めていく意識を持つことが重要です。

自身の心理的安全性を高めるには、大変なときでも柔軟な考えを持てるようになることが大切です。困難な体験でも現実を受け入れることができ、自分の意見も他人の意見も尊重することが、周りの心理的安全性を高めることにもつながります。

人知温子(ひとしる おんこ)

人知温子(ひとしる おんこ)

ある日人間がそんなに強くないことを悟る。楽しいときも苦しいときも、意志をもつことを大切に。1994年生まれ。

関連記事

特集記事

TOP