「相手も自分のために我慢をしているかも」と思えれば接し方が変わる

そりが合わない人には苦手意識を持ちやすく、事あるごとにイライラしてしまうことも多いでしょう。しかしそれはあなただけではなく、相手も同じように思っているかもしれません。あなたが不快な思いをしないように、実は相手なりに気を使ってくれている可能性もあります。

もちろん、自分の心を守るためにはストレスの原因となる人物からは距離を置くことが大切です。しかし、そりが合わない人でも相手の目線に立つことにより、より人間性への理解が深まった結果、ストレスが減少するかもしれません。

心に無理のない範囲で構いませんので、お互いが違う価値観を持っていることを認識し、尊重し合える関係性を目指しましょう。理解できないまま自分を守るために距離を取ることと、理解しようと努めることは、どちらも正しいコミュニケーション方法なのです。

そりが合わない人と円滑に仕事をする5つの方法

ここでは、そりが合わない人と円滑に仕事をするための方法をご紹介します。人間的な相性が合わない人が相手でも、少しのコツを掴むだけでストレスを抑えたコミュニケーションが取れるでしょう。お互いにイライラせずに仕事ができるように、接し方に工夫を取り入れることが大切です。

1.5W1Hを明確に伝える

そりが合わない人と円滑に仕事をするためには、5W1Hを正しく伝えるように心がけましょう。5W1Hとは以下の情報を指します。

  • When:いつ
  • Where:どこで
  • Who:だれが
  • What:何を
  • Why:なぜ
  • How:どのように

そりが合わない人は、自分とは情報の伝え方にズレがあることが考えられます。5W1Hの中で重要視するポイントも違うため、伝達の内容を確実に伝えるために丁寧に言葉にするように心がけてください。会話だけではなく、チャットにも残しておけばより安心です。

2.業務上のコミュニケーションだけを取る

業務上のコミュニケーション以外の会話を控えることで、そりが合わない人とでも円滑に仕事ができるようになります。お互いに相性が悪いとわかっているなら、仕事以外で無理に話しかける必要はありません。ビジネスライクに接することで、ストレスを最小限にすることができます。

ただし、冷たく感じられるような態度は相手が委縮してしまうため逆効果です。業務上の会話のみの場合も、最低限の気遣いを忘れないようにしましょう。ここでも、5W1Hを心がけることで無駄な会話のやりとりを抑えられます。

3.相手の言葉を深く考えすぎない

そりが合わない人と話すときには、相手の言葉の意味を深く考えすぎないことが大切です。もちろんアドバイスや業務連絡はしっかり確認する必要がありますが、同じ単語や言葉でも自分と相手では受け取り方が変わる可能性があります。

例えば「そのアイデア、悪くはないですね」という言葉でも、褒められたと感じる人もいれば「平凡でつまらないと思われた」と感じる人もいます。ネガティブな言葉を言われたと思って落ち込んだとしても、相手にとっては褒め言葉の可能性もあるのです。

相手との感覚のズレに真剣に悩む必要はありません。言葉は意味の通りに受け取り、悪い想像を膨らませないようにしましょう。

4.物理的な距離を取る

そりが合わない人と、可能な限り物理的な距離を取ることで精神的な負担を抑えることができます。特に、自分が一方的に相手を苦手に思っているときには有効な手段です。

人の会話の内容は、大きく分けて「相手を選んで話す内容」と「話す相手が誰でもいい内容」の2つです。このうち、相手が誰でもいい内容は近くにいる話しかけやすい人が対象になりやすいでしょう。物理的な距離を取ることでその候補から外れ、会話によるストレスを感じる機会を減らせます。

5.心に余裕を持つ

精神的に余裕を持つことで、そりが合わない人が相手でもイライラしづらくなります。周囲にネガティブな感情を抱くときは、大抵は自分自身に余裕がないときです。余裕がないと相手の一挙一動に敏感に反応してしまい、怒りや悲しみの感情を受け流すことができなくなります。

「最近やたらとイライラしてしまう」と思ったら、プライベートの時間を充実させて心身を癒し、自分の中のおおらかさを取り戻しましょう。余裕ができれば視野が広がり、相手への理解を示すための姿勢を持てる可能性も上がります。

そりが合わない人との付き合い方を見直そう

今回は、そりが合わない人と円滑にコミュニケーションを取りながら仕事をする方法をご紹介しました。

自分にとって伝えやすい伝え方と、相手にとって伝わりやすい伝え方は違います。そりが合わない人とコミュニケーションを取るときこそ、相手の立場に立った思いやりが必要になります。

そりが合わない人とうまくコミュニケーションが取れるようになれば、普段の気持ちの伝え方もより丁寧になるはずです。会話によるストレスは上手に発散しつつ、お互いが気持ちよく仕事をできる状態を目指しましょう。

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP