会社でうまくコミュニケーションが取れない

同僚や上司と話をするのが苦手な人にはきっかけがあります。

話し合いの場で意見を上手く伝えられず雰囲気を悪くしてしまった、対人関係が上手くいかず悪口を言われてしまったなど、さまざまな理由があるでしょう。過去に失敗した経験が、今の仕事でのコミュニケーションに影響しているのです。

しかし、それは本当に失敗だったのでしょうか。2、3回の失敗で自分はコミュニケーションが苦手だと思い込んでしまうのはもったいないです。

意見を求められたときを想定して準備をしたり、悪口を気にしないように心持ちを変えたりして上手くいかなかった経験を大事にしながら、自分を否定しないように心がけましょう。

職場・会社の対人関係を良好に保つ5つの方法

対人関係を良くするためには、どのようなことが必要でしょうか。明るく振舞う、人の話をよく聞く、コミュニケーション能力が高い人を見習うなど方法はいくつもあります。

しかし、職場といったある程度の緊張が強いられる現場では、ストレスで思うように行動できない人もいるでしょう。理想を掲げるのも素晴らしいですが、ここでは最低限何ができないと困るのかを考えて、自分に合った方法を見つけてください。

1.積極的に感謝の言葉を伝える

コミュニケーション能力が高い人ほど、自分から挨拶をしたり声をかけたりできます。また、「ありがとうございます」「すみません」「お願いします」という言葉が自然に出ていることが多々あるでしょう。

これらは職場での信頼関係を築くうえでとても役に立ちます。特に「ありがとう」をどれだけ言っているか、会社の人を観察してみてください。たくさん言っている人ほど、コミュニケーション能力が高いはずです。

2.相手の立場に立って会話をする

私たちは人と話す中で無意識に相手が敵なのか味方なのか、自分よりも上か下かを判断しています。特に職場は、年齢や経歴、役職などあらゆる性質が絡み合っています。職場で人間関係を築くのが苦手な人ほど、相手によって反応を変えがちです。

自分と異なる意見や方針の人と対立してしまうと、物事はスムーズに進みません。相手と自分の違いを認め、どれだけ相手の立場になって会話ができるかが相手とうまく関わる鍵になります。

3.素早くレスポンスする

職場の人と会話ができなくて困っている人の中には、声をかけるタイミングを外していることがあります。なぜなら、正しく伝えることや話す内容に意識が向いているからです。

どんなに素晴らしい内容であっても、タイミングを外してしまったら相手には伝わりづらくなります。会話に苦手意識がない人は、思ったことをそのまま話すことが多く、「まさに今」というタイミングで話しているので相手に伝わりやすいのです。

4.「親しき中にも礼儀あり」を忘れない

どんなに仲のいい家族や友達でも、けんかをすることがあります。職場での人間関係も同じように、親しければ親しいほど「相手は自分の気持ちをわかってくれるはず」と思い込んでしまいます。そのため、期待通りの反応が返ってこないと裏切られたような気持ちになり、余計に腹が立ってしまうのです。

書類の提出が遅れても謝罪の言葉がない、プライベートに踏み込んだ発言をしてしまうなど、自分がされて不快な行動は相手も不快に思うのでやめましょう。

5.適度に褒める

会話とは気持ちのやりとりなので、まずは相手に関心を持つことが大切です。相手をよく観察し変化に気づければ、相手はうれしくなります。褒め上手な人はちょっとした気づきを褒め、言葉に変えるのが得意です。

職場の人が持ち物を変えたとき、気づきに加えて褒め言葉も伝えるのがポイントです。「おしゃれですね」「似合ってます」「その色、とても良いです」と恥ずかしがらずに言えるかどうかが大事になります。

職場の人間関係を築く・保つためにしてはいけないNG行動

人間関係は話し方、接し方によって左右されるものです。プライベートでは空気を読んだり、共感したり、いわばあいまいに接することで良好な関係性が築ける場面もありますが、職場ではそうとは限りません。

会議や取引先とのやり取りでは、はっきり具体的に話すことで、仕事がスムーズに進みやすくなるでしょう。

ここでは、職場での良好な人間関係を保つために、最低限必要な事柄を確認していきます。

1.影で悪口を言ってしまう

職場ではさまざまな世代や職種の人がともに働いており、お互いの価値観が合わない、仕事の進め方や評価の違いで衝突する可能性があります。そのため、悪口や陰口が起こりやすい環境になることも。

しかし、悪口や陰口が横行してしまうと仕事に対するモチベーションが下がり、ストレスが溜まります。悪口を言うことは人間関係に負の影響を与える要因にもなります。

2.話すときに目を合わせない

普段私たちは何気なく視線を合わせたり、そらせたりしています。しかし、会話の最中に視線を外すと、相手はあなたが自分に対して興味がないと思うでしょう。また、視線を左右にそらすのはノーのサイン、キョロキョロして視線が定まらないのは会話に集中していない証拠です。

アイコンタクトは相手に好意を伝える大切な手段なので、話をしっかり聞いている姿勢を視線で伝えましょう。

3.無愛想に対応してしまう

職場では嫌いな人とも付き合わなければなりません。思わず無愛想な態度をとると、仕事にも支障をきたしてしまうでしょう。

会社で対立関係にある人と接するなら好きになる努力をする、距離を置いてできるだけ関わらない、一緒に目標に向かう同志として接するなどの方法があります。

今すぐに接し方を変えることが難しいこともありますが、少しずつ心がけてみましょう。

4.相槌しか打たない

会話が続きやすい人は話し上手というより、聞き上手であることが多いです。相手の話を一字一句逃さず聞くのではなく、相手の話の雰囲気を聞き取るのが得意なのです。たとえば、相槌しかせず黙って聞いているのでは、相手も困ってしまいますよね。

質問やアドバイスなど、特別なことを言う必要はありません。会話が苦手なら、相手の気持ちに共感したり、相手の話している言葉を使ってそのまま返したりするのもおすすめです。

5.無視してしまう

コミュニケーションとは人と人との気持ちの交換です。会話中いきなり相手に否定されたり、自分の話を聞いてもらえず話題をすり替えられたりした経験はありませんか。自分の意見を否定されると、会話を続ける意欲は失われてしまいますよね。

一方、嫌いな相手なら無視したくなることもあるでしょう。しかし、否定されたり意見が違ったりしても、まずは相手の話を受け取ってから自分の考えを伝えましょう。

ストレスを抱えずに、職場の人間関係を築こう!

職場の顔色や機嫌ばかりが気になって生きづらいと思ったり、人間関係に振り回されてストレスで疲れ切ったりした人は少なくありません。

しかし、人間関係を築くこと、コミュニケーションをとることに苦手意識を持ったままでは、働くうえでのやりがいや目的も失われてしまいます。

働き方も職種も多様な世の中で、一人ひとりを取り巻く環境にはさまざまな変化が生まれています。一日の中で過ごす時間が長い職場だからこそ、大きなストレスや不安を抱えながら働くことは誰も望んでいません。

人間関係の悩みを解決する糸口として、まずは肩の力を少し抜いて職場の人と話してみましょう。

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

関連記事

特集記事

TOP