人に興味が持てない人の心理とは?他人に興味を持つ方法を解説!

リレーションシップ

他人に興味が持てない…

「なぜ人に興味を持たなくてはいけないのだろう?」。人に興味が無いと、この質問に上手く答えられない人が多いのではないでしょうか。確かに、人に興味を持たなくても生きることはできます。

しかし、人に興味を持てれば、今よりももっと人生は豊かになります。今回は、人に興味が持てない人の心理や理由、人に興味を持つための方法などをご紹介します。無理矢理ではなく自発的に人に興味を持てるようになると、今まで見えなかった幸せが見えてくるでしょう。

人に興味が持てない人の3つの心理とは?

「人に興味を持たない」というと、どこか冷たい印象を受けるかもしれません。しかし、人に興味を持たないからこそ避けられるリスクがあります。場合によっては、人間関係におけるいざこざを回避するために、あえて人に興味を持たない選択をしている可能性も。

人に興味を持たない人の心理を3つご紹介します。無関心は、決して「冷たい」「ドライ」というだけではありません。自分なりの幸福を追いもとめているからこそ、他人へ無関心であることをわざわざ選んでいるのかもしれないのです。

1.人間関係でストレスをためたくない

人間関係のトラブルは、私たちにとって身近なストレスのひとつです。しかし、最初から他人に興味や関心を持たずにいれば、人と深く関わらずに済みます。友達や人脈は広がりづらいかもしれませんが、トラブルに巻き込まれる可能性も減ります。

人に興味を持たなければ、相手のことを知ろうとしません。質問や会話が減り、コミュニティで孤立します。一見寂しい状態に思えるかもしれませんが、孤立・孤独こそが「人間関係のトラブルに巻きこまれないための最善策」でもあります。

人間関係で極力ストレスをためたくないと思っているので、人の名前を覚えることすらおざなりになりがちです。飲み会やパーティーなどの人が集まるイベントにもほとんど参加せず、周囲からは「付きあいが悪い」と思われてしまうことも。

しかし本人にとっては「面倒ごとに巻きこまれるくらいなら、最初から孤独である方がいい」と本気で思っているため、改善するつもりがない場合も多いでしょう。

2.人の裏の顔が怖くて関わりたくない

人間には本音と建て前が存在するもの。言葉とは裏腹の本音を知り、人間が怖くなった経験がある人も少なくないでしょう。人に興味が持てない人は「本音」を恐れている可能性があります。表面だけでは見えづらい人間の本心を恐れ、相手を必要以上に信頼しないよう努めている場合も。

「裏の顔にショックを受けるくらいなら、最初から表の顔も知らないままでいい」と自分の心を傷つけないために、あえて興味を持たないようにしてるのです。自分の心を守るためには、ある意味で合理的な判断ともいえるでしょう。

3.自由に生きていきたい

他人のことを知りすぎると、思いやりや気遣いが生まれます。円滑なコミュニケーションのためには優しさが必要ですが、気遣いは同時に「自分と他人をつなぎとめるための足かせ」にもなるでしょう。それなれば、最初から誰とも関係性を構築しなければ自由に生きられます。

大事な人が増えるということは、守りたいものが増えるということ。自分以外の大切なものが増えると、行動が制限されていきます。誰からも束縛をされずに自由に生きていきたい人にとって、他人への関心は障壁になってしまうこともあるのです。

人に興味が持てない3つの理由

人に興味を持たないように自分をコントロールしている人もいれば、本当は「人に興味を持ちたい」と思っているのに……と悩んでいる人もいます。人に興味が持てない理由はさまざま。

人に興味が持てない理由として挙げられるものを3つご紹介します。特に、今後は人に興味を持てるようになりたいと思っている人は、自分がなぜ興味が持てないのかを分析しましょう。正しく原因を理解することで、効果的な対処法が打てるようになります。

1.過去に人間関係のトラブルがある

過去に人間関係のトラブルがあり、つらい気持ちになったり面倒くさいと感じたりした人は、人に興味を持ちづらくなります。興味を持った末にトラブルに見舞われるくらいなら、最初から興味関心を示さずに孤立を選んでいた方がマシ、という考え方です。

特に、自分で感受性が強いタイプだと自覚がある人は、トラブルが原因で興味を捨てがちです。なぜなら、下手に他人に興味を持つと事情に入れこんでしまうから。感情移入した結果、トラブルに介入しやすいとわかっているためです。

2.人とコミュニケーションを取ることが苦手

元々、人とコミュニケーションを取ることが苦手な人も、人に興味を持ちづらい傾向があります。例えば、スポーツ観戦が苦手な人がサッカー選手に興味がないように「苦手なものにわざわざ興味を持たない」のは自然なことでしょう。

苦手なのに無理をして興味を持とうとしても、ストレスがたまるだけです。他人と必要以上のコミュニケーションを取りたいと思わなければ、最初から興味を持つ必要はありません。

また、コミュニケーションを取ることが苦手な人のなかには、相手とのキャッチボールが苦手な場合も。自分ばかり話をしてしまったり、うまく自分の話をできなかったりすることで、コミュニケーションを取ることが苦手だと感じる人も多いでしょう。

3.自分の心を開くことが苦手

自分の心を開くことが苦手な人は、人間関係にストレスを感じやすいもの。心から信頼していない相手との時間を過ごすくらいなら、最初から興味を持たずに無関心を装っていた方が気が楽です。

警戒心が強い人にとって、人間関係の構築はストレスの連続です。「この人には心を開いていいのか?」と疑ったり、信じかけた時に裏切られたり。ストレスの積み重ねで心がすり減ってしまうなら「興味を持たない」は立派な自衛手段だといえます。

またこのタイプの人は「なかなか他人を尊敬できない」という場合もあります。例えば職場だと、自分よりも仕事ができる相手しか尊敬できず、素直に意見を聞くことができません。相手を内心で見下しやすく、本音を話すこともほとんどありません。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP