嫌がらせする人の心理とは|職場・学校で嫌がらせされた時の対処方法

リレーションシップ

嫌がらせに耐えられない…

普通に仕事や学校に行きたいだけなのに、嫌がらせを受けてしまう。本人に嫌がらせをやめてほしいと伝えても、収まるどころかよりエスカレートしてしまう……。

いじめやセクハラを筆頭とした嫌がらせは、被害者の心をすり減らします。上司や先生に報告をしたくても、それが原因で嫌がらせが悪化してしまうのを恐れて、行動できずにいる人も多いでしょう。

今回は、嫌がらせをする人の心理や特徴、嫌がらせを受けた時の対処法などをご紹介します。嫌がらせをする人の心理を理解して、適切な対処をしましょう。また嫌がらせを受けないための自衛の方法もご紹介しますので、安全な未来のためにも役立ててくださいね。

嫌がらせする人の心理とは?

嫌がらせをする人は、特有の心理状態にあります。多くの場合はコンプレックスが原因で、自分を大きく見せたかったり、他人を使って自分のストレスを発散したりすることが目的です。

嫌がらせをする人にありがちな心理を3つご紹介します。相手の心理を読み、適切な対処法を見つけましょう。

1.自分が優位に立ちたい

嫌がらせをする人は、自分が相手よりも優位に立ちたいと思っています。自分より下の存在を作ることで「この人よりは自分の方が上だ」と感じて安心したいと考えているためです。自分に自信がなく、誰かを蹴落とさないと自分の強さを感じられません。

コミュニティの中で最も上の立場にはなれなくても、自分より下の存在がいることで「最下位ではない」と安心感を得ます。また優位に立つことでコミュニティでの権力を得ようとしたり、さらに上の立場の人から評価を受けることを望んだりする場合もあります。

2.自分以外の価値観を認めることができない

嫌がらせをする人は「自分の考えが絶対に正解で、それ以外の意見は間違っている」と思っている可能性も。自分以外の価値観を認めることができないタイプの人は、他の人の考えを否定し、攻撃する傾向があります。

本人にとっては「自分が正義、他は悪」と極端な思考になっているので、嫌がらせをすることに抵抗がありません。むしろ、「間違った意見を正すために行っている」とすら思っている可能性があります。正義感の上で行われる嫌がらせは厄介で、自分が悪いと思っていないのでなかなか収まりません。

3.嫉妬している

自分より優れている人を見た時、健康的な精神を持っている人は「自分も追いつけるようにがんばろう」と思うでしょう。しかし、嫌がらせをする人は自分の中に抱えているコンプレックスを強く感じ、相手を邪魔な存在だと認識します。

その結果、相手をコミュニティから追いだしたいと望み、嫌がらせを行います。コンプレックスを感じさせる相手が苦しんでいる姿を見るほど、快楽を感じるのです。

嫌がらせする人の特徴

嫌がらせをする人にはいくつかの共通点があります。嫌がらせをする人の特徴を見つけられると、最初から相手と距離を置く選択肢を選べるので、嫌がらせを回避できる可能性が上がるでしょう。

嫌がらせをする人にありがちな特徴を4つご紹介します。加害者の特徴を持つ人からは距離を置き、安全な場所で過ごしましょう。

1.プライドが高い

嫌がらせをする人は、非常にプライドが高いタイプが多い傾向にあります。少しでも自分の価値を下げる存在だと思ったら、相手を敵だと認識して攻撃を始めます。また、人前で恥をかかされることに人一倍強い拒否反応を感じることも特徴です。

相手にとっては悪気がなくても、些細な言動を「馬鹿にされた」「見下された」と捉えやすく、自分の上に立とうとする存在は邪魔に感じます。傷つきやすく、人からの否定に敏感です。

2.自己中心的

「自分の意見がコミュニティの中心にある」と思っている人は嫌がらせをしやすいタイプです。自分の意見に賛成しない人を邪魔に感じ、コミュニティから排除しようと動きます。自分に肯定的な人だけで、周りを埋めたいと思っています。

また、自分の言動で周囲がどれだけ迷惑を被るかを想像できません。すべての物ごとが思い通りに運んで当たり前だと信じいて、少しでも邪魔になる人に攻撃的になります。その結果、相手を嫌がらせをしてでも追い出したいと思うのです。

3.負けず嫌い

嫌がらせをする人は負けず嫌いの傾向が強い可能性が高いです。どんなときでも自分が一番になりたいと思っており、嫌がらせをしてでもライバルを蹴落としたいと思うのです。そのため、自分の地位を脅かさない人(例えば自分より能力の低い人や、競争する分野の違う人)には比較的優しいケースも。

しかし、その優しさも「優しくするから、自分に敵対しないでね」という下心の裏返しである可能性もあります。負けるかもしれない、と思った相手にはとことん攻撃的になります。自己顕示欲が高く、常に注目を浴びていたいタイプです。

4.悪口が多い

他人の欠点や短所をわざわざ言葉にして言いふらす人は、嫌がらせをしやすいタイプです。普段から悪口を言うことで自分の価値を高めようとしていて、他人を傷つけることに対してあまり抵抗を感じなくなっています。

そのため、罪悪感を抱かずに嫌がらせをする場合が多く、自分がどれだけ相手を傷つけているのかを想像できません。放っておくと嫌がらせが悪化しやすいタイプといえます。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP