目次

理不尽に嫌われたとき…気にせずに働く方法

どんなに真面目に仕事をしていても、ある日突然周囲から嫌われることがあります。「すべての人から好かれる人」は残念ながら存在しません。想像もつかないような理由や嫉妬で嫌われてしまうこともありえるのです。

ここでは、理不尽に嫌われてしまったときに気にせずに働く方法をご紹介します。嫌われた理由を解明して改善する誠実さも大切ですが、ときには自分の健康を守るために「あえて心を鈍感にして、周囲をシャットダウンする能力」も必要です。

1.「仕事は仕事」と割りきる

職場の人に嫌われてしまっても、自分が社会人としてやるべきことは変わりません。もちろん職場の人間関係がよいに越したことはありませんが、本来は職場は「仕事をするための場所」です。

「仕事は仕事」だと割りきり、職務をまっとうしましょう。特に接客業や販売業など「会社以外の人たちと関わる時間が多い仕事」は、仕事に意識を向けることで心が休まるかもしれません。悩みをいつまでも引きずらないように心をコントロールすることも、社会人として必要なセルフマネジメント能力だといえます。

2.職場以外を充実させて、気にしないようにする

職場でのストレスは職場以外で発散することをおすすめします。プライベートの時間を充実させて、職場以外のリフレッシュタイムを設けましょう。友達や家族、恋人との時間を実りあるものにすることで、心のバランスを取ることが大切です。

元々趣味がある人は、技術を高めるための絶好のタイミングかもしれません。また資格勉強でスキルアップを図れば自己肯定感が上がり、職場で嫌われていても「自分は自分だ」と心を強く持てるようになります。

3.成果や結果を出すことだけに集中する

理不尽に嫌われてしまったときには、嫌われた理由を考えても解決できません。まずは仕事に集中して、成果や結果を出すことだけに意識を向けましょう。嫌われてしまったことに心を痛めてパフォーマンスを下げるよりも、ずっと建設的です。

仕事に集中することで人間関係の悩みからも離れられるため、心の安定にもつながります。ただし無理をするのは禁物です。心が限界を迎えてしまう前に、心療内科などの専門医を受診する選択肢も持っていてくださいね。

4.必要最小限のこと以外コミュニケーションを取らない

嫌われた理由がわからない以上、どこに原因が潜んでいるかわかりません。今以上嫌われるリスクを回避するために、必要最小限のこと以外コミュニケーションを取らない方法も有効です。

仕事で必要な連絡以外は控え、あくまでビジネスライクに付きあうように心がけましょう。嫌われている状態では、よかれと思ってコミュニケーションを取っても嫌味をいわれてしまったり、陰口の種にされてしまったりする可能性があります。

5.周りの評価に自分の価値を置かない

理不尽に嫌われてしまったときには「他の人は嫌われていないのに、どうして自分だけ」と悲観的な気持ちになることも。しかし、嫌われる理由が理不尽である以上、他の人と比べても仕方がありません。

周りの評価に自分の価値を置かないようにして、心の平穏を保ちましょう。特にネガティブな考え方になっているときには、自分と他人の少しの差や違いも気になってしまいがちです。「自分の価値は自分で決める」という心の強さを身につけることを意識してくださいね。

6.自分を好いてくれている人を大切にする

人に嫌われているときほど、好きでいてくれる人のありがたさが身に染みるものです。自分を嫌ってくる人は、攻撃をしてくることはあっても「助けてくれること」はありません。あなたが不幸になることを喜んでいる人すらいるかもしれないのです。

ネガティブな影響を与えてくる人よりも、あなたを愛して大切にしてくれる人を同じように大切にしましょう。ストレスを与えてくる関係性に心を引きずられるよりも、一緒に時間を過ごすことでポジティブな気持ちになれる関係性を尊重し、守るように努めてください。

本当につらいときは、人事や信頼できる上司に相談しよう

職場での人間関係を気にしないように心がけても、人によっては心身に悪い影響を及ぼしたり、一人で抱え込んでしまったりすることもあるでしょう。本当につらいときには、心が壊れてしまう前に人事や信頼できる上司に相談をしてください。

もしも実際に嫌がらせを受けている場合には、ボイスレコーダーを活用して証拠を残しておくことをおすすめします。告発をするときに明確な証拠があるかないかでは、対応のスムーズさが変わります。

心身の不調を感じる場合は心療内科や精神科に通ったり、プライベートでストレスを発散したりして、メンタルコントロールを行ってください。人間関係の改善も嫌がらせへの対処も、健康な心と体があってこそ可能なのです。

職場で好かれるためにできる6つのこと

ここでは、職場で好かれるためにできることを6つご紹介します。「自分がどうあるべきか」も大切ですが「相手にどう伝わるか」も同じくらい重要です。自分の気持ちを誤解なく相手に伝えるために、無理のない範囲でできることを取り入れていきましょう。

1.相手の話をしっかり聞く

自分の話に興味を持ってしっかりと聞いてくれる人には、好感を持ちやすくなります。職場で好かれる人になるためには、まずは相手の目を見て話を聞き、相手に興味があることをアピールしましょう。

しっかりと聞いていることを相手に伝えるためには、適切な相槌やリアクションも大切です。会話の内容に質問をして掘りさげたり、定期的に「つまり〇〇ってことだよね?」と内容を確認したりなど、細かなコミュニケーションを取りましょう。

2.相手の感情に共感し、気遣いをする

話の内容だけではなく「感情」に共感することも大切です。特に今まで正論で相手を傷つけていた人は、正しさだけでは解決できない「人間の心の複雑さ」に目を向けてみてはいかがでしょうか。自分の感情だけではなく、相手の感情も同じように尊重してみてください。

自分にとっては「どうでもいい」と思える出来事でも、他の人にとっては泣きたくなるほど悲しかったり、仕事へやりがいを生むほど嬉しかったりするかもしれません。自分の価値観や感情だけを中心に考えず、相手の感情に共感して気遣いましょう。

3.表裏を作らない

どんなコミュニティでも、どんなに仕事ができる人でも、裏表がある人は嫌われやすい傾向にあります。人によって対応を変えたり贔屓(ひいき)をしたりする人は、人間関係において信頼感を育めません。

人に好かれるためには「すべての人に同じような態度を取ること」を心がけましょう。上司や権力者に媚びを売る行為もNGです。人の悪口や陰口をいわず誠実でいることで「この人は信頼できる人だ」と思ってもらえる可能性が上がります。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP