苦手な人と縁を切る4つの方法

ここでは、苦手な人と縁を切る方法を4つご紹介します。毎日顔を合わせるような相手か、ほとんど会話をしないような相手かによってベストな方法は変わるものです。相手の立場や性格も加味した上で、自分の心に無理のない方法を選んでいきましょう。

1.プライベートで関わらないようにする

苦手な人と縁を切るためには、プライベートで関わらないようにすることが大切です。仕事以外のコミュニケーションを取らず、個人的な自己開示もしないように心がけましょう。業務外の時間に誘われても断る姿勢を崩してはいけません。

一緒にいて楽しい相手ならまだしも、エネルギーを吸われるような相手とプライベートの時間を過ごす必要はありません。メールやチャットなどの連絡が来てもできる限り返さず、反応をする場合も必要最低限の返事のみで話題を広げないようにしましょう。

2.引っ越しや転職で物理的に距離を取る

苦手な相手と縁を切るためには、物理的な距離を取るのが非常に効果的です。相手に連絡を返さないことで気まずさを感じても、顔を合わせる機会がなくなるので気が楽です。同時に、相手からコミュニケーションを求められる機会も減るでしょう。

物理的に距離を取ることで、共通の知り合いとの縁も薄くなります。職場が変われば新しい人間関係が築かれ、引っ越しをすれば新しいライフスタイルが始まるでしょう。距離を取ることは、人間関係を含めた人生そのものを一新することにもつながるのです。

3.連絡先を消す・ブロックする

苦手な相手との関係性を消すには、連絡先を消す方法が手っ取り早いです。こちらから連絡をする手段をなくせばコミュニケーションの取りようがなくなる上に、連絡先をブロックすれば相手からのアクションもなくなります。

現代はリアルな会話だけではなく、SNSやチャットツールを含めたオンライン上のコミュニケーションも重要視されています。連絡を取る方法自体を捨てることで、関係性も希薄になるでしょう。また、スマートフォンやパソコンなどから苦手な人の登録情報が消えたという事実だけでも気持ちが晴れやかになります。

4.相手に避けられるように振る舞う

同じ部署やチームなどでどうしても顔を合わせてしまう場合は、相手から離れてくれるように仕向けましょう。具体的には、相手に避けられるように振る舞うことです。相手が苦手なタイプの人間を演じ、不快感を抱かせるように努めてみてはいかがでしょうか。

相手に嫌がられるためには、相手の好みや思考パターンを分析する必要があります。縁を切りたいと思っているほど苦手な相手について考える行為はストレスがたまるため、自分の心の状態を優先しながら無理のない範囲で行ってくださいね。

苦手な人とは距離を置いて、心の健康を守ろう

今回は、縁を切るべき人の特徴や、相手と縁を切るための具体的な方法などをご紹介しました。

もう二度と顔を合わせなくてもいい関係性の場合は、物理的距離を取りながら連絡先を抹消することで縁は切れたも同然です。しかし今後も顔を合わせる必要がある相手の場合は、上手な距離の取り方に悩んでしまうこともあるでしょう。

将来的に赤の他人の関係に戻ることを目指しながら、長期的な目線で取り組んでいく根気が重要です。できることから取り入れながら、少しずつ相手との縁を手放しましょう。

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP