ストレスがたまりやすい会話は?

同じように「他人と話したくない」と思っている人でも、会話の内容によってはストレスがたまりづらいこともあるでしょう。会話をする相手や内容によって抱く感情は変わるものです。

ここでは、ストレスがたまりやすい会話の種類を6つご紹介します。普段の会話の中で、どのタイプの内容が占めているかを振り返ってみましょう。

1.社交辞令

社交辞令は、職場関係を円滑に進めるための業務的な挨拶です。社交場の挨拶といえば聞こえがいいですが、少し強い言い方をすれば「相手に媚びるため・相手との雰囲気をよくするために、思ってもないことを言う」のが社交辞令です。

つまりは、社交辞令はリップサービスと同様になります。うわべだけの言葉を考えるだけでもストレスがたまり、言っている自分が虚しくなることもあるでしょう。相手を喜ばせるための会話であるため、自分の本音を抑えている状態です。

2.付き合いのための興味がない会話

相手と仲よくなりたいと思っているわけではないのに、雰囲気を悪くしないために当たり障りのない会話をすることがあります。してもしなくてもどちらでもいいような会話は、時間を無駄にしているような感覚になることも。

明日には覚えていないような適当な会話は疲れます。「どうせなら実のある話をしたい」とは思っても、まだ関係性が弱い状態ではどこまで踏み込んでいいのかわかりません。結果的に、毒にも薬にもならないような興味のない会話を選んでしまいます。

3.プライベートに深く関わる会話

プライベートに深く関わる会話は、相手に自己開示をする必要があるためストレスがたまります。お互いに信頼関係が築けている相手であれば話せることでも、心を開いていない相手にパーソナルな話はあまりしたくはないものです。

フェアな関係であれば適当にはぐらかすことができますが、上司や先輩など立場が上の人に聞かれると答えないわけにはいきません。プライベートにずかずかと入り込まれているような感覚になり、会話そのものから逃げ出したいと感じてしまうでしょう。

4.他人の自慢話

他人の自慢話ほど、自分の実にならない話はありません。特に過去の武勇伝や親族・友達の自慢話は、相槌を打っているだけでどんどんストレスがたまってきます。自慢話をしたがる人は、ドライに接するとすぐに不機嫌になるタイプも多く、聞かされている側ばかりが気を使います。

相手を気分よくさせるために、知りたくもないのに質問をしたり、大げさにリアクションを取ってみたり。接待のような会話をすることで自分にもメリットがあればまだしも、ただ相手が気持ちよくなりたいだけの自慢話はストレスの原因にしかなりません。

5.悪口や陰口

他人の悪口や陰口を聞いていると、それだけで心が暗くなります。自分は相槌を打っているだけなのに「〇〇さんも影で悪く言っていた」と噂をされてしまうリスクもあります。聞いてしまったからには忘れることもできず、気持ちが重くなりますよね。

できれば悪口ばかり言う人とは距離を置きたいものですが、お喋りの好きなタイプが多いため相手から話しかけられてしまいがちです。雑に扱うと自分も悪口を言われてしまうのではと不安に感じ、聞きたくもないのに相手をしてしまうこともあるでしょう。

6.仕事や会社の愚痴

ストレスを発散するためには、信頼できる相手に愚痴を言うことも大切です。しかしこちらの心に余裕がないときに愚痴ばかり言われてしまうと、会話自体をやめたいと思ってしまいます。たまにならよいかもしれませんが、毎日のように仕事や会社の愚痴を聞かされるとうんざりしてしまいますよね。

「そんなに嫌なら辞めればいいのに」とは、思ってもなかなか口には出せません。まるでサンドバッグのように相手のストレスを受け取ってばかりで、こちらのストレスはたまっていく一方です。

イライラしているときに、無理に誰かといる必要はない

誰でもイライラしているときは、誰とも話さずに1人でゆっくり過ごしたいもの。しかし真面目な人や誠実な人ほど、自分よりも他人を優先してしまいがちです。自分の「話したくない」という気持ちで、相手が話しかけてくれたことをむげにしたくないと感じる傾向にあります。

しかし、ネガティブな感情を抱いているときには無理に誰かといる必要はありません。必要なのは、プライベートの時間の中で自分らしさと向き合い、心をリフレッシュする時間です。

心を押し込めて会話をしていても、本当の感情は滲み出てしまうものです。相手のために無理をして話しているつもりが、逆に相手に気を使わせてしまう結果になるかもしれません。自分のためにも相手のためにも、まずは平常心を取り戻すことを優先しましょう。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP