本音を正しく伝えよう。素直になる方法6選

本音で接してくれる相手には、こちらも本音で接しようと思えますよね。自分から素直に接することで相手からの信用や愛情を得ることができます。反対に、本音でのコミュニケーションを行わない限りは、相手との本当の絆は芽ばえません。

ここでは、本音を正しく伝えるために取り入れたい方法を6つご紹介します。素直になれないコミュニケーションは後悔を生んでしまうもの。健全な人間関係と悔いのない人生のためにも、少しずつ本音を出せるように心がけてくださいね。

1.「ありがとう」を伝えることから始める

なかなか素直になれない人は、まずは「ありがとう」の気持ちを言葉にすることから始めてみましょう。人間関係の構築には「ありがとう」や「ごめんなさい」などの基本的な挨拶をしっかりと伝えることが必要です。

行為そのものではなく、あなたに優しくしようとしてくれた相手の善意そのものに対して感謝の気持ちを伝えましょう。心からの親切の場合、ありがとうと言われて嫌な気持ちになる人はいません。言った側も言われた側も気持ちよくなれる言葉です。

2.相手の行動を深読みしない

人前で素直になるためには、相手の行動を深読みしないことが大切です。例えば、相手があなたの仕事を率先してフォローしてくれたとします。素直な人は邪推をせずに「ありがとう」と思えますが、深読みする癖がある人は「何かやましいことがあるのではないか」「恩を着せようしているのではないか」などのように想像しなくていいことを考えてしまいます。

慎重であることはリスクを事前に察知・防止する能力にもなりますが、普段の人間関係においては相手の行為は深読みせずに受け止めましょう。善意はそのまま善意として受け取ることで、素直な気持ちで相手に感謝ができます。

3.人の意見に耳を傾ける

なかなか素直に話せない人は、相手の意見に耳を傾けることを心がけましょう。素直になれないと、相手の言葉に否定的になりがちです。またアドバイスを聞き入れられずに、意地になって自分の意見ややり方を通してしまうことがあるでしょう。

相手の意見を否定したくなる気持ちを堪える癖をつけることが大切です。自分だけの世界で物事を判断しようとせずに、周りのいい所から学びを得ましょう。言われたことを否定せずに試してみる行為を繰り返すことで、他人の意見を受け止める精神性が養われます。

4.意識的にポジティブな言葉を言う

素直な自分を手に入れるためには、意識的にポジティブな発言を繰り返すよう心がけてください。自分の言葉を一番近くで聞いている人は自分自身です。前向きな発言を増やすことで視野を広げて心に余裕を持たせ、精神的に豊かな状態を目指します。

素直になれない人は「でも」「だって」などの否定的な言葉を言いがちです。ネガティブな言葉選びをなくし「ありがとう」「そうだね」「いいと思う」「素敵だね」などの肯定的な言葉を取り入れましょう。

5.小さなお願いをする

素直になれない人は、人を頼ることが苦手な傾向にあります。まずは小さなお願いから始め、掛け値なく人を信用する心を養いましょう。例えば「おすすめのアーティストを教えてほしい」のように、精神的に借りを作らない程度の小さな内容がおすすめです。

自分からのお願いであればお礼も素直に言いやすく、円滑なコミュニケーションが期待できます。相手との会話のきっかけを自分から作ることでフェアな関係性を作りやすく、意地を張らないための訓練にもなるでしょう。

6.素直にならなかったときのデメリットを想像する

どうしても意地を張ってしまう癖がある人は、素直にならなかったときのデメリットを想像することをおすすめします。今は意地を張っても周囲が優しくしてくれるかもしれませんが、いつかは愛想を尽かされて離れられてしまうかもしれません。

周りが優しくしてくれる今のうちに自己改善をし、縁をつなぎ止めることが大切です。周りの人たちがいなくなってしまうネガティブな未来を想像することで、危機意識を促し改善のためのモチベーションにつなげていきましょう。

心のあり方を見直して、素直になれない自分から卒業しよう

今回は、素直になれない原因・心理や、本音を出すための方法などをご紹介しました。

生きていると、さまざまなタイプの人たちと知り合います。相性が悪いと感じる相手もいれば、一生涯の友人になれるような相手もいるでしょう。すべての人に素直な自分を曝け出す必要はありません。せめて「この人との関係性は大事にしたい」と思う相手にだけは、素直な自分を出せるように意識をしていきましょう。

素直になれないと、せっかくの人間関係をなくしてしまう可能性があります。相手に嫌われないための振る舞いも大切ですが、それ以上に自分らしく正直に接することを心がけましょう。本音で話し合える関係性を築けたら、簡単には亀裂は入りません。

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP