生きづらいと感じる人がラクに生きるための3つの方法


ここでは、生きづらさを感じる人がラクに生きるための方法を3つご紹介します。考え方や行動をすぐに大きく変えることは難しいかもしれませんが、自らを苦しめる思考を少しずつ取り除いていくことが大切です。

まずは焦らずゆっくり、自分にできそうなものからで構いません。紹介する方法を参考にしながら自分に合った生きづらさの解消法を見つけていきましょう。

1.一人で抱え込まずに身近な人に相談する

「生きづらい……」という悩みは誰にも相談できず、一人で抱え込んでしまいがちです。しかし一人で抱え込んで思い悩んでいると不安や孤独感などのマイナスの感情が大きくなり、ますます気持ちが沈んでしまうことがあります。

生きづらさを感じたら一人で抱え込まずに、信頼できる友人や家族に相談してみましょう。うまく言葉にしようとする必要はありません。モヤモヤした気持ちを吐き出すだけでも心がすっきりして軽くなるはずです。あなたのことをよく理解してくれている人なら、きっと親身になって話を聴いてくれるでしょう。

身近に相談できる相手がいない場合は、電話やオンラインで相談に乗ってくれるサービスがあるので利用を検討してみても良いかもしれません。

2.原因をリストアップして一つひとつ対処法を考える

生きづらさや不安の原因を紙に書き出したり、メモ帳アプリに入力したりしてリストアップしてみましょう。「なんとなくモヤモヤする」といった漠然とした不安でも、言語化して目に見える形にすると原因がわかることもあります。

リストアップできたらどうすれば不安を解消できるのか、一つひとつ対処法を考えましょう。すぐに明確な解決策を見つけようと焦る必要はありません。自分自身とじっくり向き合い、前に進むために今の自分にできることを考えたり、理想の自分をイメージしたりしてみてください。気持ちが前向きになり、行動を起こすモチベーションにもつながります。意外なところで解決策のヒントが見つかることもあるでしょう。

3.仕事内容や所属するコミュニティを変える

仕事やコミュニティ内の人間関係が生きづらさを感じる原因なら、思い切って転職したり所属するコミュニティを変えたりすることもひとつの方法です。

一日の大半を合わない仕事やコミュニティのために費やすと、どんどん精神を消耗してしまう恐れがあります。つらい状況で無理をして我慢し続けるよりも、環境を変えるほうが早く生きづらさを解消できるかもしれません。

すぐに環境を変えられない場合は、職場と家以外に自分が心地よいと思える場所「サードプレイス」を作るのもおすすめです。一人でカフェで過ごす時間を作ったり、気の合う仲間がいるコミュニティに所属したり、自分が心から安らげる場所を作りましょう。

人と違うのは悪いことではない。自分の感性を大切にしよう


周りの人と同じようにできなかったり、すぐに疲れてしまったりするのは悪いことではありません。人よりも敏感で感受性が強いのは、見方を変えれば他の人には見えないものが見える、感じられないものが感じられるという素晴らしい特性です。

自分の感性を「生きづらさ」として否定してしまうのではなく、生まれつき持っている才能として大切にしましょう。自分の感性を正しく理解できていれば、困っている人にすぐに手を差し伸べられたり、日常の中にささやかな幸せを見つけられたりしますよね。自分や周りの人の幸せのために活かせるチャンスがたくさんあるはずです。

まずはこの記事でご紹介した方法を参考に、生きづらさを解消するための考え方や行動、環境などを工夫することから始めてみてください。あなたに合った対処法が見つかり、人生が生きやすく豊かになることを願っています。

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

ほし あゆみ

ほし あゆみ

ライター。「好きを大切に」をコンセプトにしたWebメディア『my prism』を自主運営。HSP気質。生きづらい世の中を少しでも生きやすくする方法を模索中。漫画とアイドルとインターネットが好きです。

関連記事

特集記事

TOP