努力をしても、落ち込んでしまうときはある…

どんなに心が強い人でも、ネガティブな出来事が続けば気持ちが落ち込んでしまうものです。また体のコンディションが悪いと、心まで落ち込んでしまうこともあるでしょう。

自分なりにストレス発散をしても沈んだ気分が戻らないと「これ以上、何をすればいいの?」と不安に感じてしまいます。しかし安心してください。「がんばってもどうにもならないほどネガティブな状態」は、誰にでもあるものです。

まずは焦らないことが大切。一度立ち止まって自分の状態を確認し、ネガティブな感情を抱く理由を冷静に見定めましょう。

落ち込んでしまったときに元気を取り戻す4つの方法

ここでは、落ち込んでしまったときに元気を取り戻す方法をご紹介します。精神的に落ち込んでも焦る必要はありません。ネガティブな自分を否定せずに受け入れ、元気な状態に戻るにはどうすればいいのかをひとつずつ考えていきましょう。

1.ポジティブな人たちと一緒に時間を過ごす

落ち込んでしまったときには、ポジティブな考えを持っている人たちと同じ時間を過ごすことをおすすめします。自己肯定感が高く幸せを見つけるのが上手な人たちと一緒にいると、自分までポジティブなオーラを分けてもらえます。

相手が物事をどのような目線で見ているのかを観察し、習慣や思考パターンをまねさせてもらいましょう。明るい言葉を言うように意識し、フットワークを軽くすることを心がけてくださいね。

2.ストレスの原因から離れる

精神的に落ち込んでしまったら、ストレスの原因から離れることが大切です。精神的に離れるだけではなく、物理的にも距離を取りましょう。例えば苦手な人がいる場合は、自分から話しかける必要はありません。

休憩時間も相手から話しかけられないように遠くへ行ったり、別の人たちと一緒に過ごしたりすることを心がけましょう。SNSの投稿で落ち込んだ場合はスマホの電源を切り、デジタルデトックスをするのもおすすめです。

3.自分で自分の機嫌を取る

精神的に強い人は、ストレス耐性が高い人だとは限りません。感じたストレスを発散するためのストレスマネジメントが得意な人でもあるのです。落ち込んでしまったときは、自分で自分の機嫌を取れるような時間の過ごし方をしましょう。

例えば仕事帰りに少し贅沢な外食をしたり、エステやスパで心身ともにリラックスしたり。現実から離れるために小旅行に行くのもいいでしょう。心から「楽しい」「嬉しい」「気持ちがいい」とポジティブな感情を抱ける時間を過ごすことで、ネガティブな感情を上書きします。

4.無理に元気を出そうとしない

心が落ち込んでいるときは、無理に元気を出そうとする必要はありません。つらい気持ちは真摯に受け止めるからこそ、気持ちにメリハリが生まれて「またがんばろう」と思えるものです。

気分転換のために人と会ったり賑やかな場所に出かけたりするのは問題ありませんが、無理にテンションを上げたり無理やり「楽しい」と思い込んだりするのはやめましょう。あるがままの状態を受け入れることこそが、メンタル回復のための第一歩です。

落ち込みやすい人は、過去よりも今に目を向けよう

今回は、落ち込みやすい人の特徴やメンタルケアの方法などをご紹介しました。小さなことでも落ち込んでしまう人は、過去の出来事や他人の言動に振り回されてしまう傾向にあります。しかし、過去と他人は変えることはできません。変えられるのは自分自身の考え方と、これから先の未来の行動です。

よりよい未来に自分が進んでいくために、今何ができるのか・今何をするのがベストなのかに意識を向けましょう。精神的に元気な状態のときに、メンタルダウンしたときの対処法をいくつか考えておくこともおすすめします。

落ち込みやすさの原因となる感受性の強さは、自分ならではの個性です。ポジティブな気持ちでいるためにも、自分の強みを活かし弱みをカバーする考え方を身に付けることが大切です。

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP