精神的に余裕を持つために取り入れたい3つの行動

「心に余裕を持ちたい」と思っても、なかなか気持ちだけでは難しいですよね。精神を変えるためには、普段の考え方から変化させる必要があります。そのためには、小さな習慣や振る舞い方を意識的に変えてみましょう。

ここでは、精神的に余裕を持つために取り入れたい行動をご紹介します。ポイントは、自分らしさを失わない行動を心がけることです。周囲のペースに引っ張られないように、どのように行動すればありのままの自分でいられるかを意識しながら過ごしてくださいね。

1.ストレスの原因から距離を取る

精神的に余裕を持つためには、ストレスの原因から距離を取ることが求められます。どんなに心を安定させようと思っても、自分らしさを乱してくる物事が近くにあることで、気持ちはどんどん落ち込んでしまいます。

精神的に距離を取るだけではなく、できれば物理的にも離れるように心がけましょう。接点がなくなれば思い出すことも減り、一日の中でネガティブな気持ちになる時間が減少します。

人間関係でストレスを感じているのなら、思い切ってグループを離れてみましょう。SNSでストレスを感じている人は、週に数時間だけでもインターネットから離れ、デジタルデトックスをしてみてはいかがでしょうか。嫌なことを考える時間が減るだけでも、気持ちの明るさが変わってくるでしょう。

2.余裕を持ったスケジューリングをする

精神的に余裕を持つためには、スケジュールにも余裕を持つことをおすすめします。納期や締め切りはモチベーションをアップさせるための強力な要素ですが、自分に厳しいスケジュールを設定すると常に焦燥感を抱えることになり、心の余裕がなくなりがちです。

忙しいからこそ楽しめる場合もありますが、ときにはプライベートの時間をしっかりと設けたスケジューリングを心がけ、自分らしさを取り戻しましょう。

とくに睡眠時間や休憩時間を削ったスケジューリングは、本来のパフォーマンスを低下させ自己嫌悪を生み出す原因にもなりかねません。適切な量の休憩は、心身ともに余裕のある毎日を送るための基本です。

3.他人と自分を比べない

常に心に余裕を持つために、他人と自分を比べないことを心がけてください。とはいえ、人と関わって生きている以上はどうしても自分との違いが気になってしまいますよね。容姿や収入、職業、学歴……自分と他人を比べ始めると、些細なことでも気になって落ち込んでしまいます。

周りと比較してつらさを感じたときに思い出してほしいのは、幸せは人の数だけあるということ。恵まれた人生を送っているように見える人も、人知れずコンプレックスを抱いているかもしれません。経済的に裕福な人も、内心では「お金よりも癒しが欲しい。心を許せる友達が一人もいない」と悩んでいるかもしれません。

人は自分のコンプレックスや弱点を簡単に見せないものです。SNSではポジティブな面ばかりをアピールする人も多いですが、ソーシャルな場において周りに気を使わせないことは一種のマナーでもあります。

相手が幸せかどうかは本人にしかわからないのです。表面的な情報だけを見比べて焦ってしまうのは、自分の中に幸せのビジョンが見えていないからでもあります。周りが持っている幸せを追いかけるのではなく、自分ならではの幸せをマイペースに求められるように「自分にとっての幸福とは何か」を考えることから始めてみましょう。

周りの人のいい特徴を少しずつ取り入れよう

心に余裕がある人は落ち着いて見えますが、みんなそれぞれの余裕の持ち方があるものです。物事を達観して見ているからこそ落ち着いている人もいれば、過去に修羅場を乗り越えたからこそ動じない心を手に入れたという人もいるでしょう。

中には人一倍焦りやすいものの、プライベートを充実させることによって心に余裕がなくならないように努めている人もいます。落ち着いた心をどのように手に入れるかは人それぞれであるため、「この人のまねをしたら絶対に自分も余裕を持てる」という方法はありません。

とはいえ、まずは新しい習慣や考え方を取り入れてみなければ、どの方法が自分に合っているのかもわかりません。特定の人物だけをまねるのではなく、さまざまな人の余裕の持ち方を取り入れてみましょう。その中から、自分ならではのオリジナルな方法を見つけてくださいね。

心に余裕を持って、焦らず穏やかな毎日を

今回は、心に余裕がある人の特徴や、余裕を持つための方法をご紹介しました。心に余裕を持っていれば人に優しくできるだけではなく、仕事や勉強にも集中して取り組めるようになります。邪念がなくなるためパフォーマンスが上がり、周囲からの信頼も得られるでしょう。ss

何より、自分自身が幸福感や充実感を持って日々を過ごせるようになります。心に余裕がないと、友達や家族が相手でも嫉妬をしてしまったり、優しくしてくれた相手に冷たい態度を取ったりしてしまうこともあるでしょう。

大切な人を幸せにするためには、まずは自分が幸せを感じていることが大切。身近な幸福に気付くためには、心の余裕が必要です。どのように物事を受け取れば心に余裕が持てるのかを意識しながら、より豊かな毎日を目指してくださいね。

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP