自分の性格をすべて変える必要はない

完璧主義な女性は自らの価値観にプライドを持っていることが多いものの、ときには「自分の性格を変えたい……」と悩んでしまう日もあるでしょう。完璧主義であることはストレスと隣り合わせです。

現在の性格は、幼少期からの環境や今までの人生経験により培われたもの。気持ちだけで簡単に変えられるものではありません。しかし、日々の小さな習慣から変化させることで、無理なく考え方を変えることはできます。

完璧主義は短所ばかりではありません。自分の性格のすべてを否定せずに、新しい価値観も取り入れてみましょう。自分以外の考え方や習慣を取り入れる余裕を持つことで、視野が広がり世界はより生きやすいものに変わっていきます。

自分を変えよう!完璧主義な性格からの脱却方法

ここでは、完璧主義な性格から脱却するために取り入れたい方法をご紹介します。自分の長所は残し、短所をカバーすることを心がけてみましょう。完璧さをほんの少し緩めてあげるだけでも、今よりずっと笑顔の多い毎日が待っていますよ。

1.人に頼ることを覚える

完璧主義な性格から脱却するためには、人に頼る習慣を身につけましょう。完璧主義な女性はプライドが高い傾向にあるため、誰かの力を借りる行為が苦手です。他人を頼ることで、自分が劣っていると感じてしまうのです。

しかし、本来私たちはお互いに支え合って生きるもの。一人ひとり感受性や得意分野は違い、お互いに足りない部分を補い合うからこそ物事をよい方向に進められるのです。まずは小さな作業をお願いしながら、頼るという行為自体に自分を慣れさせていきましょう。

2.80点を目指して行動する

完璧主義な女性は常に100点満点の状態を目指しています。もちろん、完璧を追求すること自体は間違いではありません。しかし、1%の不備を見つけただけで0点と同じ扱いをしてしまうのは自分のメンタルを不調に追い込む原因になります。

できる範囲で構わないので、まずは100点ではなく80点を目指して行動してみましょう。80点が及第点であり、そこから先は加点要素だと認識することで、自分の努力に肯定的になれます。

80点分の努力は自分でしっかりと認めてあげることが大切です。「20点分の努力が足りなかった」ではなく「80点も努力できた。しかも、もっとがんばれる余力も残っている」とポジティブに受け入れましょう。

3.他人の価値観を受け入れる

完璧主義な性格から脱却をするためには、他人の価値観を受け入れる度量が大切です。今までの自分のやり方に誇りを持っている人ほど、新しいやり方を受け入れるのに抵抗を感じるもの。しかし、今の自分を変えるためには柔軟な発想力が必要です。

頭を柔らかくするためには、今までの自分にはなかった価値観を取り入れて視野を広げることが求められます。さまざまなコミュニティに足を運び、違う価値観の人たちとコミュニケーションを取り、世界を広げていきましょう。

プライドの高さに苦しまずに、自分の幸福の形を愛してあげよう

今回は、完璧主義な女性の特徴や長所・短所、完璧主義な性格の改善方法などをご紹介しました。

完璧主義の人は、自らが課したルールで自らを苦しませてしまいがちです。自分に厳しくストイックに生きている姿は美しく、尊敬を得られるもの。しかし、ストイックさが仇(あだ)となり幸福を見失ってしまっては本末転倒です。

自分にとっての幸福とは何かを今一度振り返り、心に余裕を持てるように考え方や習慣を変えていきましょう。完璧主義を手放すことは、自分を曲げることではありません。より身近な幸福に気付けるように、視野と可能性を広げてあげることなのです。

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP