人生に疲れた時に試したいメンタル回復方法5選

ここでは、人生に疲れたときに試したいメンタル回復方法を5つご紹介します。心の形が人それぞれであるように、ベストなケアの方法も千差万別です。さまざまな方法を試しながら、自分にピッタリのメンタルケアを探してくださいね。

1.まずは体のコンディションを整える

体と心は密接な関係にあります。本来は精神的にタフな人でも、フィジカルが疲れていればメンタルも引きずられて疲れてしまうものです。心を回復させるためには、まず体を休めて肉体的なコンディションを回復させましょう。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉がありますが、まさにその通りです。湯舟でゆっくり体を休め、栄養バランスの整った食事を取り、夜更かしをせずにぐっすり眠る。基本的な健康習慣が健全な体を作り、メンタルにも好影響を与えます。

2.現実を忘れられる時間を過ごす

つらい現実と正面から向き合うことは、決して悪いことではありません。しかし、ストレスと戦った結果メンタルが壊れてしまっては元も子もありませんよね。困難を乗りこえる力を養うためにも、ときには現実での問題を手放すことが大切です。

メンタルの回復のために現実を忘れられる時間を過ごすのは、問題から逃げることではありません。視野を広げて解決方法を考えるためにも必要なことです。ショッピングや温泉、少し遠くの町へのお出かけなど、自分らしさを取り戻すための気分転換の時間を設けましょう。

3.信頼できる人に気持ちを偽らずに話す

「もうどうなってもいい」と思ってしまったときには、その気持ちをありのままに話せる相手との時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。もし対話の中で問題が解決しなかったとしても「自分の苦しみを知ってくれている人がいる」という事実だけで心が救われる可能性があります。

昔からの友人や信頼関係のある親族など、格好悪い自分をできる限り正直に見せられる相手を選びましょう。自分以外の価値観と触れることで、思わぬ方向からの解決のヒントが見つかるかもしれません。なにより、ネガティブな感情は誰かとシェアをすることで心が軽くなります。

4.カウンセリングを利用する

もし身近に話せる人がいなかったり、気分転換をしたりしても気持ちが晴れない場合は、心のカウンセリングを受けることをおすすめします。精神科や心療内科でのカウンセリングに抵抗がある人は、電話やチャットで対応してくれるカウンセラーを探すのもよいでしょう。

「病院に行ったら薬を飲まなきゃいけなくなるかも……」と不安に感じている人も安心してください。薬物療法に抵抗がある場合はその旨を伝えれば、できる限り対応してもらえます。もし薬が必要な場合も、強制的に決められることはなく説明と納得を踏まえた上での方針決定となります。

5.ストレスの原因となっているものを手放す

もしあなたが自分のストレスの原因を明確に認識しているのなら、勇気を出して一度手放してみてはいかがでしょうか。仕事が原因であればまとまった休みを取得したり、人間関係が原因であれば関わるコミュニティやグループを変えたり。簡単なことではないかもしれませんが、ストレスを断ち切るために原因から離れることはメンタルケアの基本でもあります。

周りと比べることがストレスになっている人は、SNSを見る時間を減らしたり、数字で評価されない仕事ができるように相談したりすることをおすすめします。何が自分にストレスを与えているのかを今一度認識し、最も距離を置くべき要素は何かを考えてみましょう。

疲れてしまうのはがんばった証拠。自分を褒めて労わってあげて

「人生に疲れた」「もうどうでもいい」と思ってしまうことは、これまでの人生でがんばってきた証です。がんばったからこそ「報われたい」と願い、努力をしたからこそ疲れてしまうのです。

今は、ヘトヘトになるほどがんばってきた自分を褒めてあげましょう。すべての人が、自分をすり減らしてまで何かをがんばれるわけではありません。そしてがんばってきた自分を一番近くで見てきたのは、他でもない自分自身なのです。

人生のうまくいかない部分だけを見ていると、必要以上に悲観的になってしまいます。まずは自分が自分を認め、いたわってあげることが大切です。自分を愛して正しく休息を取れる人が、新たな気持ちでまた一歩を踏み出せるのです。

人生に疲れたら、自分らしさを取り戻す時間を大切に

今回は、人生に疲れてしまう原因や対処法をご紹介しました。

悲観的な状態になっていると、視野が狭まります。周りが見えなくなると、自分を助けようとしてくれる人の存在にも気付きにくくなるものです。身近な幸福を軽視しやすく、どんどんネガティブな思考になってしまいます。

現状を改善するためにも、まずは心身の健康を取り戻すことが大切です。ふさぎ込んでしまう前にストレスから距離を置き、自分らしさを取り戻す時間を設けましょう。心の余裕が視野を広げ、幸福や幸運に気付かせてくれるのです。

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP