【人事必見】ウェルビーイングの意味とは?企業の取り組み事例・導入方法

ウェルビーイング

目次

なぜ世界の企業は、今ウェルビーイングを重要視するのか

「ウェルビーイング」をご存じですか?今、国連の諸機関や日本の官公庁も取り組みを始めている考え方です。個人の健康や意志が尊重される時代だからこそ、従業員一人ひとりの幸福度を高めていく必要があります。

ウェルビーイングを導入している企業も増えてきていますが、まだ「ウェルビーイングって何?」と聞かれてはっきりと答えられる方は多くありません。この機会にウェルビーイングを学び、メリットや導入方法を知りましょう。

今回は、ウェルビーイングの意味や魅力などをご紹介します。実際にウェルビーイングを取り入れている企業の例や参考資料など幅広く解説していきますので、ウェルビーイングを企業に導入する予定の方はぜひご参考ください。

ウェルビーイング(Well-being)の意味とは?

ウェルビーイング(Well-being)の意味とは、肉体や精神、そして社会的にもすべてが満たされた状態だといわれています。ウェルビーイングは「幸福」とも訳せます。ただし、すぐに消えるような幸せ(Happiness)ではなく、長い間の幸せを意味しているのがウェルビーイングです。

一般的に人事や経営分野では、会社で働く人たちが健康かつ幸せであり続けることが、組織全体に良い影響を与えると考えられています。特に、人間関係は従業員の幸せを左右しやすいものです。そのため人との関わりにストレスを感じにくい組織は、満足度が高くよい会社だと評価されることが多い傾向です。

ウェルビーイングでは「生産性の向上」を主な目的としています。身体的・肉体的・社会的に満たされることにより長期的な幸福を手に入れ、社会や会社への能動的かつポジティブな貢献が期待されます。

出典:公益団法人 日本WHO協会「世界保健機関(WHO)憲章とは」

取り入れたいウェルビーイング(Well-being)の考え方

ウェルビーイングで取り入れたい考え方は「『不幸ではない』という状態から『幸福である』という状態にシフトチェンジをするべき」というものです。肉体的にも精神的にも、社会的にも「不満がない」のではなく「満たされている」と感じているかが、ウェルビーイングのポイントです。

ウェルビーイングを取り入れることで、国籍や文化的な背景、価値観、性別、年齢、実績にとらわれない「豊かなワークライフバランス」が実現できます。多様性の受け入れにより雇用形態や働き方の幅も広がり、従業員の幸福度やモチベーションが上がり、生産性向上に繋がると考えられています。

さらに「満たされた状態」で仕事をしてもらうことで、事業の経済活力を維持・向上が見込まれるのがウェルビーイングの考え方です。近年ではコロナ禍により精神的に健康ではない従業員が散見されたため、働きやすい環境づくりのためにウェルビーイングの考え方を取り入れる企業が増加しています。

ウェルビーイング(Well-being)の種類

ウェルビーイング(Well-being)の種類は、大きく分けて以下の3種類に分けられます。

  • 医学的ウェルビーイング
  • 持続的ウェルビーイング
  • 快楽的ウェルビーイング

以下で、それぞれのウェルビーイングを詳しく解説しますのでご参考ください。

1.医学的ウェルビーイング

医学的ウェルビーイングとは、心身ともに病気ではない状態を指します。また、医学的ウェルビーイングでは、脳梗塞や脳出血などの体の構造や生理的・心理的に機能がなくなったり、異常を起こしたりする「機能障害」になっていないことも重要ポイントです。

医学的ウェルビーイングは、健康診断やメンタルヘルスチェックを受けることでわかります。しかし、病気の予防はできるものの、より良い健康状態を目指すためには、医学的ウェルビーイングだけでは不十分といえるでしょう。

2.持続的ウェルビーイング

持続的ウェルビーイングとは、こころと身体のパフォーマンスで本来自分が持っている能力を発揮できて、生きる意味を見つけることを指します。長期間ですべてにおいて豊かさの目安であるため、才能が開花する意味の「フローリシング」という言葉が使われることも。

持続的ウェルビーイングの基礎は、人間のやる気に関して基本的な考えである「自己決定理論」の3項目が中心となっています。

  • 自律性:自分の行動は自分自身で決めたいという考え
  • 関係性:人とのつながりを感じられること
  • 有能さ:自分には能力があると信じられること

持続的ウェルビーイングは上記の3項目が満たされているかで判断され、満たされなかったときにはよくない影響があると考えられています。

3.快楽的ウェルビーイング

快楽的ウェルビーイングは「嬉しい」や「楽しい」などポジティブな感情を体験できることを指すものです。考えのベースになっているのは、人の気持ちにおける快楽を研究する「快楽心理学」です。

快楽的ウェルビーイングが満たされている基準は、心拍数・ホルモン数などの身体の反応や、日誌や記録などの自分自身を評価した資料から測定され、総合的に判断されます。

た、快楽心理学では幸福研究の第一人者だといわれている、エド・ディーナーが開発した「主観的ウェルビーイング」も使用されることが多い傾向です。主観的ウェルビーイングはポジティブやネガティブな体験と、人生の満足度の評価を自分で評価する仕組みです。

体験は、以下の10項目が自己評価の基準となります。

【ポジティブな体験】

  • よく眠れた
  • 敬意をもって接された
  • 笑った
  • 興味や学びがあった
  • 喜びがあった

【ネガティブな体験】

  • 心身的苦痛があった
  • 心配事があった
  • 悲しい思いをした
  • ストレスを感じた
  • 怒りを感じた

上記に加えて、主観的ウェルビーイングでは、人生の満足度を10段階で自己評価をする「評価のウェルビーイング」を用いられます。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP