「仕事行きたくない…家にいたい…」苦しい朝の乗り越え方&今後の対策

ウェルビーイング

目次

仕事行きたくない…家にいたい…

朝の出勤がおっくうに感じるときはありませんか?どんなにやりがいのある仕事でも、同僚や人間関係に恵まれていても、「会社に行きたくない」と思う日がありますよね。

体だけではなく、心にもコンディションがあります。気持ちが落ち込んでいるときや会社で嫌なことがあったとき、もしくは特別な理由がなくても「なんとなく行きたくない」と思うのはおかしいことではありません。

今回は、仕事に行きたくないと思う原因や対処法をご紹介します。大前提として、ストレスが限界を迎える前にしっかりと休息を取ることが大切です。その上で、毎日できる限り前向きに出勤するために日々の過ごし方を改めてみましょう。

「仕事行きたくない」と思う7つの原因

ここでは、仕事に行きたくないと思う原因として挙げられるものをご紹介します。仕事に行きたくない理由は人によってさまざまです。いま自分が何にストレスを感じているのかと向き合い、原因を明確にすることでベストな対処法へとつなげていきましょう。

1.仕事でプレッシャーを感じていてつらい

仕事で大きなプレッシャーを感じていると、出勤がつらく感じます。例えば大きなプロジェクトのリーダーや自分の代わりがいない仕事を任されているなどが当てはまります。

社会で活躍するために、一定の責任感や緊張感はいいパフォーマンスを発揮するために必要な要素です。しかしプレッシャーが心のキャパシティを超えてしまうと精神的苦痛となってのしかかり、会社に向かう足も重くなってしまいます。

2.職場の人間関係にストレスを感じている

職場の人間関係におけるストレスは、会社に行きたくないと思う大きな理由です。いじめやハラスメントによる苦痛はもちろん、円滑なコミュニケーションのために本心を偽っている人もストレスを感じているでしょう。

会社というコミュニティには、育った環境や性格、価値観の違う人たちが大勢集まっています。一切自分を偽らずに全員と仲良く過ごすことはほぼ不可能だといえます。ありのままの自分として過ごせない時間は、無意識のうちにストレスを蓄積させ心をむしばむのです。

3.やりたくない仕事をやらなくてはならない

やりたくない仕事をしなくてはならない環境では、仕事にやりがいを感じられずにストレスがたまります。もちろん、いつでも自分のやりたい仕事ができるわけではありません。時にはまったく興味のない仕事や、苦手な作業をしなくてはならないこともあるでしょう。

会社で働く以上、仕事内容には少なからず不満があるものです。そのなかでどうにかやりがいを見つけ、自分なりに楽しさを感じられるように善処している人も多いでしょう。しかし、どうがんばってもやりがいを見つけられないことも珍しくありません。「嫌なことをやりにいく」という気持ちを持ってしまうと、出勤が苦しいものとなってしまいます。

4.原因がわからず、ただ気分が重い

出勤することに対して、原因不明の苦しさを感じている人もいます。仕事に特別な拒否反応が出ているわけでも、人間関係でトラブルがあったわけでもありません。ただ漫然と「行きたくない」と思っている状態です。

仕事以外のストレスがたまっている可能性もありますが、肉体的に十分な休息が取れていない場合もあるでしょう。また気付かぬうちに精神疾患を患っている場合は、「理由はわからないが気分が重い」という症状が早期発見のためのサインとなります。

5.朝起きるのがつらい・朝に弱い

朝起きるのが苦手な人は、起床から出勤準備までに感じるストレスが大きいものです。ただ夜更かしをしているだけなら改善のしようがありますが、体質的に低血圧な人はなかなか改善できずにつらい思いをしていることでしょう。

朝がつらい人の苦しみは、そうでない人の理解をなかなか得づらいものです。相談をしても「みんながんばって起きているのだから」「その分、早く寝ればいいじゃないか」と言われてしまうと、誰にもわかってもらえなくてつらい気持ちが募ります。

相手によっては、ただの怠慢と受け取られてしまう場合もあるでしょう。「当たり前のことができない」と自分を追い詰め、ますます落ち込んでしまいます。

6.仕事が忙しすぎてプライベートの時間が取れない

仕事が忙しすぎてプライベートの時間が取れないと、出勤時間が近づくにつれ暗い気持ちになりがちです。すべての人が、仕事自体に生きがいを見出しているわけではありません。あくまで仕事は生活のためであり、本来の自分は仕事以外の時間にこそ存在しているという人は多いでしょう。

しかし多忙によりプライベートの時間が取れずにいると、何のために働いているのかわからなくなってしまいます。ありのままの自分で過ごせる時間が減り、休日もただ休むだけで終わってしまう毎日……。自分らしさを見失い、悲観的な気持ちになってしまいます。

7.仕事でミスをしてしまい、居づらさを感じる

仕事でミスをしてしまったときは、出勤が嫌で気が滅入ります。とくに自分のミスが原因で多くの人を巻き込んでしまっている最中は、出勤するだけで責められているかのような気持ちになってしまうでしょう。

周りは「気にしなくていいよ」と言ってくれたとしても、自分自身が負い目を感じているため「気を使わせてしまって申し訳ない」と思ってしまいます。働いていても居心地が悪く、職場という空間自体から逃げ出したいと感じます。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP