自己顕示欲を抑える方法

自己顕示欲が強すぎると、人間関係でトラブルを招くこともあるでしょう。他人に評価を求め続けて、満たされないのもつらいですよね。

自己顕示欲を上手にコントロールできれば、人間関係もスムーズになり、心も楽に過ごせるようになるでしょう。他者に評価を求めるのではなく、自分の心を少しだけ変えてみましょう。

ここでは、自己顕示欲を抑える方法を3つ紹介します。

1.意識的に人の話を聞くようにする

自己顕示欲が強いと、自分がどうやって目立つか、注目されるかと自分本位の考えになりがちです。自分にばかり向いてしまっている意識を、他人に向けてみましょう。

会話中にしっかりと相手の目や表情を見て、話を聞くことに集中してみてください。つい自分の話ばかりしてしまった、自慢話になってしまったときでも、相手の反応や表情で気づけるようになるでしょう。

意識的に人の話を聞くようにすれば「私の話をしっかり聞いてくれる人だ」と、あなたのことを信頼してくれます。

2.努力で人に評価してもらえるよう努力する

自己顕示欲が強い人は、実は自分に自信のない人が多いと述べました。そんな人は、少しずつ成功体験を積み重ねて、自分で自分を誇れるようにしていきましょう。

例えば、仕事をがんばって上司に認めてもらう、友人との旅行の計画を率先して立てるなど、自分にできそうなことから取り組んでみてはいかがでしょうか。

自分が努力したことが人から評価される経験によって、自信を持てるようになり、自己顕示欲も落ち着いてくるはずです。

3.自分から人を褒めるようにする

自己顕示欲が強い人は、他人のことを褒めるのが苦手です。他人と自分を比べてしまうので、他人が評価されているのは、自分が評価されていないことと感じてしまうためです。

だからこそ、積極的に人を褒めるよう意識しましょう。

他人のよいところを素直に認め、口に出して褒めることで、ポジティブになれるはずです。最初は、その人の髪型やファッション、持ち物など、かんたんなところから始めてみましょう。人の「よいところ探し」をするゲームだと思って、取り組んでみてくださいね。

協調性を持って、周囲の人と円満に過ごそう!

強い自己顕示欲は向上心や競争心で自己成長につながる一方、時には生きづらさを感じたり、自分から人が離れたりすることもあるでしょう。

自己顕示欲をコントロールするには、他人にばかり評価を求めるのではなく、自分で自分を認めてあげる、褒めてあげることも大事です。「今の自分に価値がある」と信じてあげてください。大事なのは他人がどう思うかではなく、あなたが自分自身をどう評価するかです。

自分の価値を認め、上手に自己顕示欲とつき合いながら、周りの人と楽しく、円満に過ごしていきましょう。

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

あぬ

あぬ

フリーライター。ネガティブで自己肯定感が低いことが悩みだったが、インドで楽に生きる方法を見つける。電子書籍「どんなに自己肯定感が低くても生きやすくなるすごいインド思考術」ベストセラー1位獲得。

関連記事

特集記事

TOP