3.瞑想をする

瞑想をして、心身ともにリフレッシュしてみるのもおすすめです。常に仕事のことを考えていると交感神経が優位になり、緊張状態になります。しかし、瞑想をすると副交感神経が優位になり、リラックスできるのです。たった10分の瞑想をすると、ストレス軽減や生産性アップの効果があると科学的に実証されています。

起床時や睡眠時に10分だけ時間を作って瞑想をすれば、仕事へのやる気も取り戻し、徐々に心が回復していくのです。ぜひ試してみてください。

出典:東洋経済online 瞑想するなら「朝一番・10分間・毎日」がいい理由

参考:mentally ストレスからの解放。瞑想のやり方と効果をご紹介【マインドフルネス】

4.買い物・旅行・温泉などに出かける

買い物・旅行・温泉が好きな人は、休みをとって出かけてみるのをおすすめします。欲しいと思っていたものを買った時や、行きたい場所に行った時の気持ちを思い出してみてください。ポジティブな気分になり、自然と仕事のモチベーションが上がった経験がありますよね。出かける予定を立てるだけでも、楽しみに向けて気持ちが高まることもあるのです。

たまには非日常的な楽しみを取り入れて、リフレッシュしてみてください。

5.有休を取って、長めの休暇を取る

有休を使って、長めの休暇を取るのもおすすめです。趣味に没頭したり旅行に行ったりするには、ある程度時間を確保したいですよね。しかし、週休2日制でまとまった休みが取れなかったり拘束時間が長かったりすると、やりたいことに集中できません。

有休を使えば、収入面での不安を考えず長期間休めます。有休の消化は権利ですから、気兼ねなく羽を伸ばす機会を作ってみてください。

6.体を動かす

体を動かすのは、仕事のやる気がない時におすすめのリフレッシュ法です。デスクワークや在宅ワークが多いと、体を動かす機会がありませんよね。運動不足は、気づかないうちに体にストレスを溜めてしまいます。また、健康にも悪影響があるので、体重が増加してしまったり生産性の低下の原因にもなります。

運動をすると、スッキリした気分をすぐに感じられます。無理して負荷の重い運動を取り入れる必要はありません。ウォーキングやランニングなど、継続しやすい習慣を取り入れてみてください。

出典:社会保険出版社 運動とメンタルヘルス

7.睡眠・食事を十分に摂る

睡眠・食事を十分に摂るのも、リフレッシュには必要なことです。心身の健康がもっとも仕事のやる気につながります。睡眠不足や乱れた食生活を続けていると、体調を崩して思うように働けなくなります。今までより早めに寝てみたり休日に長めに寝てみたりするだけでも、頭がスッキリします。野菜や果物など、健康的な食材を食べると活力が湧いていきます。

まずは、生活習慣を規則正しくしてみましょう。体を整えれば、心も整うのです。

出典:DIAMOND online 精神科医が断言する「規則正しい人が最強」

思い切って、退職を考える手段もあることを忘れないで…

仕事のやる気がなくなってしまうことは、誰にでもあります。原因がわかっていれば、問題を解決したりリフレッシュしたりして、本来の自分に戻るでしょう。しかし、何をやっても変化を感じられないこともありますよね。

睡眠時間やプライベートの時間を削って無理をしすぎると、ますます心身に悪影響を及ぼします。仕事が嫌いになり働くことが億劫になる可能性もあります。やる気が出ない状況が続けば、日常生活も苦しくなるかもしれません。

あなたの人生では、今やっている仕事がすべてではありません。一番大切なのは、あなた自身です。あなたが幸せに過ごせるためには心機一転、今の職場を退職することも一つの手です。仕事を辞めてリフレッシュしたり、転職して新しい挑戦をしてみるのもよいでしょう。

モチベーションを上げて、仕事を楽しもう!

仕事は私たちの生活の一部です。長い人生の中で仕事のやる気が出ないことくらいで自分を責める必要もありません。仕事がすべてではないですし、仕事中心で生きる必要はないのです。ただ、働くなら楽しく働きたいですよね。モチベーションを上げて、仕事を楽しめれば人生をもっと楽しめるでしょう。

仕事もプライベートも選択肢は一つではありません。この記事を読んで、仕事のやる気が出ない原因や解決法を考えてみてください。あなたの人生がもっと楽しく鮮やかになるように、心から願っています。

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

鈴木 愛和

鈴木 愛和

広島出身27歳。HSS型HSP。5年間シンガーソングライターとして活動後、正社員として働きながら、フリーの心理カウンセラーやボイストレーナーとしてたくさんの方のサポート。

関連記事

特集記事

TOP