4.上から目線にならない努力をしている

自信のある人は自分と他人を比べることをせず、上から目線にならず、あくまでも対等な関係を心がけます。堂々と自信のある態度を取りつつも、横柄にはならないよう意識しているのです。

自分に自信のある人は、ありのままの自分を大切にできている人です。自分を大切にできる人は、他人に対しても感謝の気持ちを忘れず、やさしい心で接することができます。

逆に、横柄な態度を取る人は、自信のなさから自分を大きく見せようとしている場合が多いのです。本当に自信のある人は、上から目線にはならず対等な関係を築くことができます。

5.なるべくポジティブシンキングを心がけている

自分に自信のある人は、何事もポジティブに考える習慣があります。

たとえ難しい仕事を前にしても「自分にはできそうもない」と考えるのではなく、「自分ならできる」「なんとかなるだろう」と考えるのです。

しかし、どんなにポジティブな人でも、失敗したり落ち込んだりするときもあるでしょう。しかし、自信のある人はネガティブなときでも、自分なりの対処法を知っています。たとえば、ネガティブな思考を架空の人物として扱い、巨大な消しゴムで消し去る方法があります。

思考は訓練です。自信のある人は、ポジティブに考えられる思考法を自然と身につけているのでしょう。

すぐに実践できる、自分に自信をつけるコツとは?

「どうせ自分にはできない……」「やりたいけど、きっと無理だろう……」のように、自信のなさから何かを諦めていませんか?諦めることが癖になっている人もいるかもしれません。そんな自分を変えたいと思いませんか?

今は自信がないことに悩んでいるかもしれません。しかし、自信を高めていく方法はあります。

もし誰かと比較して自信をなくしてしまっているのなら、それは正しい自信の捉え方ではないかもしれません。自信とは自分を信じる心であって、他人はまったく関係ないからです。周りを気にせず、自分軸で生きられるようになると、自然と自信もつきます。今すぐできる自信のつけ方を身につけていきましょう。

自分に自信をつける方法

これから、自分に自信をつける方法を5つ紹介します。ちょっとした工夫で、自信は少しずつ蓄積されていきます。大切なのは毎日少しずつでも意識し、行動、継続することです。

焦らず、少しずつ習慣にしていきましょう。

1.周囲にいる自信がある人の真似をする

自信をつけたいと思ったら、まずは自信のある人の近くに行ってみます。そして、自信のある人の言葉遣いや行動、振る舞いで「いいな」と思ったものをどんどん真似してみましょう。

自分の思考を変えるのは時間がかかり、なかなか大変です。しかし、環境を変えたり行動したりすることは、思考を変えるより簡単です。

自信のある人の近くにいると、自然とポジティブなエネルギーを受け取れます。そして、自信のある人を自分の目標にしてみましょう。「あの人に近づきたい」という思いが、努力する力に変わりますよ。

2.自分の長所を書き出してみる

自分の長所、得意なことを書き出してみましょう。自分自身をしっかり見つめることが、自信につながります。

自分に自信のない人は、他人と自分を比べがちです。他人と比較するのではなく、自分のことだけを考えてみましょう。長所のない人なんて絶対にいません。「素早く料理を作るのが得意」「ゲームはかなり集中してできる」など、なんでも構いません。どんなに小さなことでもいいので、できるだけたくさん書き出してみましょう。

長所を書き出しておけば、落ち込んだときに振り返って「自分にはこんなにいいところがあるんだ」と励みにもなりますよ。

3.小さな成功体験を繰り返す

「できた」経験は自信になります。小さな成功体験を、少しずつ積み重ねていきましょう。

成功体験を繰り返すためには、まず目標を作ります。ポイントは呆れるくらい小さなことを目標にすることです。大きすぎる目標は挫折しやすいので、達成できる小さな目標から始めましょう。

例えば、「1日1回ありがとうと言う」「コンビニの店員さんの目を見てお礼を言う」などでOKです。簡単な目標が達成できるようになってきたら、少しずつ大きなものにしていけばいいのです。

小さな成功体験を繰り返していくと「私は決めたことができる」「自分は大丈夫」と自分を信頼できるようになります。

4.周囲の人に自分の長所を聞いてみる

自分の長所を周りの人に聞いてみるのもひとつです。人は自分のことが一番よくわからないものです。自分のことを他人に聞くと、自分では気づけなかった長所を知ることもあるでしょう。自分の強みを客観的に知れると、自信につながります。

自分の長所を聞くときは、どんなに小さなことでも長所として捉えましょう。おいしい店をよく知っている、遅刻はしないなど、自分では大したことがないと思っていたことでも、長所のひとつとして数えてみてください。

他人に聞いた自分の長所が、あなたの自信の源となります。

あぬ

あぬ

フリーライター。ネガティブで自己肯定感が低いことが悩みだったが、インドで楽に生きる方法を見つける。電子書籍「どんなに自己肯定感が低くても生きやすくなるすごいインド思考術」ベストセラー1位獲得。

関連記事

特集記事

TOP