セルフコントロールで注意すること

環境作りや目標設定の工夫など自分に合った方法を選んで、ぜひセルフコントロール能力を高めてみてください。しかし、注意すべき点があります。うまくセルフコントロールができなかった時の考え方です。

誘惑に負けてしまった自分を責めたり周囲の人を無理に巻き込むことは危険です。目標を諦めてしまったり人間関係を悪化させてしまったりすることがあります。ここでは、セルフコントロールで注意することを4つ紹介します。

1.自分を追い詰めない・追い込みすぎない

セルフコントロールのために、自分を追い詰めたり追い込んだりしすぎないでください。たとえば、ダイエット中に自分の体型に納得がいかないからといって、無理な糖質制限やカロリー制限をして体に負担をかけてしまうことがあります。他にも、毎日仕事終わりに徹夜してでも資格や語学の勉強を頑張りすぎてしまうのも当てはまります。

もちろん、努力は素晴らしいことですが無理をしてしまうと体を壊してしまいかねません。まずは、自分の心身を大切にして、健康な状態で無理せず取り組むことが、結果的に目標達成に繋がります。

出典:All About 20th 健康・医療 頑張りすぎた……頑張る人が抱える「バーンアウト」のリスク

2.周りに、変わることや自己管理を押し付けない

セルフコントロールするのに、周りを巻き込んで変わることや自己管理を押し付けないようにしましょう。誘惑や欲望を我慢して、目標を達成するのはあくまで自分自身です。周りの人が自然にあなたを応援してくれているのなら、素直に喜んで自分の力の糧にしてよいでしょう。しかし、周囲の人は自分の目標ややるべきことがあります。

セルフコントロールは自分を律する能力です。周りの人に頼りすぎず、自分磨きに徹してみてください。あなたが成長していく姿を見たら、周囲の人はきっとあなたを応援してくれるはずです。

3.自分の感情までコントロールしようとしない

セルフコントロールするのに、自分の感情までコントロールしようとしないようにしましょう。目標達成するためには、葛藤する機会が増えます。好きなことを我慢したり嫌なことを積極的にしないといけなかったりして、自分の感情に反した行動をとります。

だからといって、無理に感情を抑えて感じてもいないことを感じようとするのは危険です。長期間感情をコントロールしようとしてしまうと、ストレスがたまって心身の不調をきたしたり燃え尽きてしまったりして、メンタルヘルスに悪影響を及ぼします。

つらいことはつらいと思っても大丈夫です。そのつらさを乗り越えた先に、大きな達成感や喜びを感じられるので、無理せずありのままの自分で頑張りましょう。

出典:新宿ストレスクリニック 医療と心の話 キラーストレスとは?我慢のしすぎとうつ病について

4.できなかったからといって、自分を責めない

セルフコントロールができなかったからといって、自分を責めないようにしましょう。我慢できずに誘惑に負けてしまったり、ついサボってしまったりした時は、自分を責めてしまいがちです。なぜ我慢できなかったのだろう、頑張れない自分は心が弱いと考えてしまうことはあります。しかし、完璧に自分をコントロールできる人はいないのです。

我慢できないのは私たちにとって普通のことです。むしろ一度でも我慢できた経験があるなら、あなたはセルフコントロールする力があります。今のセルフコントロール能力を少しずつ鍛えて、徐々に我慢できるようになればよいのです。挫折を乗り越えた経験があなたを成長させてくれます。

セルフコントロールで「自分らしさ」を忘れないこと

セルフコントロールする方法を学んで最初に感じるのは挫折です。私たちの本能は誘惑に負けるようにプログラムされています。生まれつきある性質を変えようとしているのですから、失敗するのは当然です。むしろ、失敗するたびに自分の弱みに気づけます。

人それぞれ弱みは違います。自分が改善すべきことを見つけたら、自分に合ったセルフコントロール能力を高める方法を実践していきましょう。

セルフコントロールをするうえで最も大切なのは、「自分らしさ」を忘れないことです。頑張りすぎて自分を傷つけてしまうと、心身に不調をきたしたりモチベーションが低下したりして、目標達成が遠ざかってしまいます。あくまで自分を大切にすることを忘れないでください。

ありのままのあなたがいつか、目標を達成してより幸せな人生を歩んでいくことを願っています。

この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

鈴木 愛和

鈴木 愛和

広島出身27歳。HSS型HSP。5年間シンガーソングライターとして活動後、正社員として働きながら、フリーの心理カウンセラーやボイストレーナーとしてたくさんの方のサポート。

関連記事

特集記事

TOP