目次

趣味がない人におすすめの趣味〜2人以上で楽しむインドア編〜

家族や恋人、友達と一緒に住んでいる人は、2人以上で一緒に楽しめる趣味があれば素敵ですよね。特に、外に出ずに家にいたまま楽しめる趣味があれば、外出が面倒臭い日や天気が悪い日でも満足感を得られます。

2人以上で楽しめるインドア系の趣味をご紹介します。ゼロから始めるのもいいですが、相手の趣味に合わせたり教わったりするのも良いものです。特に女性にとっては「外出のためにお化粧をしなくても家の中で楽しめる」というメリットもあるため、おすすめです。

1.ゲームで、新しいコミュニケーションを!

2人で行うインドアの娯楽といえば、やっぱりゲーム。一言でゲームと言っても、ボードゲームやスマホゲーム、パソコンゲーム、テレビゲームと種類はさまざま。お互いの好みやライフスタイルに合わせながら、一緒に楽しめるゲームを探してみましょう。

高グラフィックのテレビゲームで協力プレイをするのも楽しいですが、あまり一緒に過ごせる時間が無い2人であれば、気軽に遊べるスマホゲームの相性がいいかもしれません。大人になった今だからこそ、童心に返り手に汗を握らせてみてはいかがでしょうか。

2.同居人の趣味に合わせてみるのも◎

好みも育ちも違う2人が、ゼロから「一緒にできる趣味を探そう」とするのは意外と難しいもの。同居人が既に趣味を持っているのなら、相手に合わせて自分も楽しむのも一興です。特に道具が必要な趣味であれば、既に揃っている状態から始められるのでお得感もあります。

一緒に同じ趣味をするのは楽しいですが、教わるからには相手のプライドを尊重し、道具を大事に扱う気持ちを忘れないようにしてくださいね。お互いの気持ちを尊重しあって楽しめれば、2人の絆は今よりももっと深まるでしょう。

3.一緒に料理を始めてみよう

もしもお互いに料理をしないタイプだったり、今まではどちらかしか台所に立たない2人だったりする時には、一緒に料理を始めてみてはいかがでしょうか。今まで料理をしたことがない人でも、野菜を炒めたり洗い物をしたりなどできることは沢山あります。

野菜の皮むきやテクニカルな技術は得意な人に任せれば、料理初心者でも力になれます。料理は、買い物から洗い物までが1つの作業です。「調理」が苦手でも一緒に「料理」はできます。一緒に作りあげた食事を楽しむ時間は、他の何物にも代えがたい価値があるでしょう。

4.ふたりで絵画やイラスト作成、アートに触れてみよう

芸術に関心のある2人なら、一緒に絵を描いて見せあったり、インターネットや本でアートに触れたりする過ごし方も楽しいものです。「絵は好きだけれど苦手」という人なら、ゼロから始められる参考書を購入して2人一緒にスタートしてみましょう。

例えば水彩画や色鉛筆画などは、まったくの初心者が読んでも始められるように「絵具の付けかた・鉛筆の握りかた」から教えてくれる本も販売されています。今は動画投稿サイトでもお手本があふれているため、昔と比べてアートが始めやすいのもうれしいですね。

外出が可能になったら!積極的にアウトドアも試してみよう

今すぐには難しいかもしれませんが、積極的にアウトドアの趣味を設けるのリフレッシュになります。アウトドアの趣味といえばキャンプやスポーツなどアクティブな内容を想像するかもしれませんが、体を激しく動かすものばかりではありません。

お散歩や街探索など、激しい運動を伴わない内容であっても立派なアウトドアの趣味です。体力が少ない人でも無理のない範囲で体を動かし、アウトドアならではのすがすがしい気持ちを楽しみましょう。

おすすめの趣味〜一人で出来るアウトドア編〜

インドアの趣味の次は、1人でできるアウトドアの趣味をご紹介します。アウトドアでも1人でできる趣味ならば、人混みの心配もいらないため安心です。家の中で過ごす時間も楽しみつつ、時には外の空気に触れて体も心もリフレッシュさせましょう。

1.サウナで体と心を整えよう

「サ活」という言葉が生まれたように、今や老若男女でブームが起きているサウナ。芸能人やモデルもサウナのファンは多いですよね。サウナは1人でも行えるアウトドア趣味でありながら、心と体を整えるためのリラックス方法でもあります。

お気に入りの温浴施設を見つけるもよし、色々なサウナを巡る旅人になるのもよし。サウナ巡りをするのであれば、無料でブログを立ち上げてレポートを書くのも楽しそうですね。スチーム浴やロウリュなど、バラエティに富んだ楽しみ方ができるのもサウナの魅力です。

2.ランニングを習慣づけて、健康体を手に入れよう

普段から運動をしない人にとっては、ランニングは自分とは縁のない趣味のように感じられるかもしれません。しかしランニングは、運動未経験からでも始められる全身運動。体力づくりだけではなく、シェイプアップにも役立ちます。

最初は2km~3kmの短距離から始めましょう。週に1回からでも、続けることが肝心です。同じ距離を楽に走りきれるようになる頃には、体の変化も感じます。体力がつけば通勤も楽になりますし、鏡に映る自分がどんどんきれいになっていくのはうれしいものです。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP