今まで頑張ってきた自分を労ろう…

自分を大切にできていない人は、つらい過去やトラウマを持っている人が多い傾向があります。自分の気持ちを素直に話して相手を傷つけてしまったり、空気が読めないと言われてしまったり。

つらい出来事の結果、自分の心を押し込めることに慣れ、だんだんと「自分を尊重する意識」が薄れてしまっています。また苦しい事態を我慢して耐えてばかりで、周りを嫌な気持ちにさせないようにと1人で抱え、孤独な思いをしてきたことでしょう。

まずは、今まで頑張ってきた自分を褒めてあげてください。あなたが今まで過ごしてきた「自分より他人を気遣う時間」は、決して無駄ではありません。孤独感はあなたの優しさそのものです。ここまで苦しんだ自分を労り、今からでも少しずつ自分を大切にする方向にシフトチェンジしていきましょう。

自分を大切にするメリット

自分を大切にすると多くのメリットが生まれます。人生をポジティブに感じられるようになるだけではなく、今まで無意識のうちに蓋をしていた「本来の自分のやりたいことや夢」に向かって、前向きに進めるようになります。

他人を気遣え、自分より優先できる献身性を持った人は素敵です。しかし、人生はたった1度だけ。後悔のない人生を過ごすためには、自分の心を尊重し大切にする必要があるのです。自分を大切にするメリットを3つご紹介します。

1.自分らしさを手に入れられる

自分を大切にすると感情を素直に受け入れられるため、本来の「自分らしさ」を手に入れることができます。何に喜び怒り、何に悲しいと思い、何を美しいと感じるか。感情を受けいれると、他人に関与されない自分ならではの感性に気づけます。

心を尊重することで、人の意見ではなく自分の意見で行動ができるため、自分ならではのアイデアやセンスが生まれます。すると人間関係にも変化が起き、お互いに感性を尊重し合えるような相手と出会えるでしょう。

2.理想の人生を歩めるようになる

自分を大切にすると、理想の人生を歩めるようになります。今までは自分よりも他人を優先することで「本当にやりたかったこと」を我慢してきたからです。自分の意見を通し、やりたいことをやろうとすると、少なからず周囲に影響を与えます。

内容によっては他人に負担や心配をかけることもあるでしょう。「人に迷惑をかけてまでは自分を優先できない」と思っていた人でも、自分を大切にできれば自己肯定感が上がり、理想のために行動を起こせます。

3.今までより人にやさしくなれる

自分を大切にすれば、心に余裕が生まれます。本来、人に優しくするためには「自分の心の余裕」が必要不可欠。余裕がなく視野が狭い状態では、他人を助けるための選択肢も狭まり、求められている期待に十分には応えられません。

自分を愛せば心に満足感が生まれ、1人でも安心感を得られます。情緒が安定することで視野が広がり「人に優しくするために必要な心のキャパシティ」も広がります。人に与えられる優しさの量は、心の余裕の多さと比例しているのです。

人に振りまわされず、自分を大事にしよう

自分の意見ではなく他人の意見で生きている人は、人生の幸福度が上がりづらいもの。成功をしても達成感が乏しく、失敗をしても次に活かしづらいでしょう。自分の心の声に従って生きるからこそ、達成感や充実感が得られます。

自分を大切にできていないと、周囲に流される人生になりがちです。そして周りに合わせることに慣れてしまうと、自分の本音がどこにあるのかわからなくなることも。いざ意思決定をしようとするタイミングで臆病にもなりやすいでしょう。

人に振りまわされず、自分の軸を持って生きることが大切です。自分に関心を持ち、自分自身が幸福になるように努めましょう。納得感のある人生を歩めている人こそが、成功も失敗も自分の財産にすることができるのです。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP