なりたい自分になる9つの方法|理想と現実に疲れた時に試してほしいこと

ウェルビーイング

理想の自分が遠すぎる…

向上心を高く持って努力をしている人は、キラキラと輝いて見えます。しかし、自分に厳しい目標を持ち続けていると、心が疲れやすく、自分を追いこみがちです。理想と現実のギャップに悲観的になり、自分を否定する癖が付いている人もいるでしょう。

今回は、理想の自分になるための方法をご紹介します。現実とのギャップに疲れてしまったときの対処法も解説していますので、目標に向かって努力をしている人や心が疲れ気味の人はぜひ参考にしてください。

理想に少しでも近づく!なりたい自分になる9つの方法

理想の自分を目指すと疲れてしまうのは、現実と理想の距離が離れすぎているからかもしれません。現実的な理想を設定すれば、ポジティブな気持ちを失わずに努力できる可能性が上がります。

ここでは、理想に少しでも近づくために「なりたい自分になる方法」を9つご紹介します。ポイントは「できる内容から始めること」です。無理のない方法から生活に取り入れ、少しずつ理想の自分に近づいてくださいね。

1.まずは、今の自分を理解しよう!長所・短所を書きだす

まずはノートに「長所」と「短所」のカテゴリを作り、自分の性格を2つに分けて書きだしてみましょう。長所と短所のどちらが多くなっても構いませんので、頭に浮かんだものからどんどん書いてみてください。

今の自分の性格・特徴を客観的に理解することで「今の自分」を理解することができます。今の自分を理解できれば、自分にとって無理のない目標を立てられます。自分の改善すべきポイントと「今のまま伸ばすべき長所」を理解することが大切です。

2.なりたい自分のイメージをしっかり書きだす

現在の自分を理解できたら「なりたい自分」を書きだしてみましょう。「優しい人」「仕事ができる人」など漠然としたイメージではなく、できる限り具体的な特徴を書くのがポイントです。

たとえば「目の前で知らない人が倒れたときに、迷わずに一目散に駆けよれる」のように、場面をはっきりとイメージできるものがよいでしょう。具体的な理想像を描けるほど「目標地点」が定まり、理想に辿りつくための方法を導きやすくなります。

3.いつまでになりたいか期限をつける

現実と理想の自分の距離感を理解できたら、いつまでに理想に近づきたいか期限をつけましょう。数か月後でも数年後でも、好きな期間を設定して構いません。「期限」は人の行動力を呼びおこす強力な着火剤になります。

期限が決まれば方法を設定することができ、今からできることがわかります。「理想の自分になりたいけれど何から手を付ければいいかわからない」という人は、ぜひ試してみてくださいね。

4.逆算して毎日何をしたらいいか書きだす

理想までの道のりを逆算する際には、毎日何をしたらいいのかを書きだしてスケジュールを組みましょう。ゴール地点までの大きな期間の中でさらに小さな期限を設け「〇月までには△△ができるようになっている」「□月までにはさらに◎◎もできるようになっている」のように予定を立てることをおすすめします。

無理難題なスケジュールではなく、現実的に継続可能な予定を組むことが大切です。着実に一歩ずつ理想に近づくために、日々の中で実現できる反復内容を記載しましょう。理想を高く持つことは大切ですが、非現実的な内容を書いても実現ができません。

5.無駄な時間を削り、時間に余裕を持たせる

目標を達成するためには、無駄な時間を削る必要があります。1日に与えられた24時間は変えられないからこそ、しなくてもいい作業はカットして時間に余裕を持ちましょう。

たとえば寝る前に目的もなくスマートフォンを触っていたり、暇つぶしのためにあまり興味のないwebサイトを見ていたりする時間が当てはまります。通勤時間が長い人は、思いきって引っ越しを行うのも一つの手段です。

6.できることから一つずつやる

理想の自分になるためには、無理をせずにできることから一つずつ行うことが大切です。普段の自分から少しだけ背伸びをすることは成長のために重要な要素ですが、無理をしすぎるとすぐに疲れてしまいストレスがたまり、継続が難しくなります。

日常生活を営む中で不具合が出ない範囲で挑戦と継続を続けることで、少しずつでも一歩ずつ着実に前進することができます。一気に成長したくなる気持ちを抑えて、無理をせずコツコツと努力をしていきましょう。

7.小さな目標をたくさん作る

「ゴール地点」の設定も重要ですが、目標への道のりの過程に小目標をたくさん作っておくことも大切です。大きなハードルを越えることは大変ですが、手前で小さなハードルを越える機会を設ければ継続へのモチベーションが高まります。

大きな目標を達成するまでの間に「小さなハードルを乗りこえた成功体験」があれば、自分に自信がつきます。ポジティブな気持ちを持てればより視野が広がりますし、目標達成のための仲間も集まりやすくなるでしょう。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP