外に出たくない、家から出たくないときの心理とは?無気力状態の主な原因

ウェルビーイング

家から出たくない…めんどくさい…

「仕事に行かなくてはいけないのはわかっている。けれども、体がだるくて動かない。」そんな悩みを抱いたことはないでしょうか。気持ちと体がバラバラの状態だとストレスを感じ、精神的に余裕がなくなってしまいます。

まずお伝えしたいのは「家から出たくない、面倒くさい」と思うことは、決して悪いことではないということ。気が乗らないのにがんばっているあなたは、とても素敵です。今よりももっと生きやすくなるために、考え方や習慣に新しい価値観を取り入れてみましょう。

今回は「家から出たくない」と思う理由や対処法などをご紹介します。自分の心を重くしている原因を知り、適切な対処法を考えましょう。この記事を参考に、今よりも足取りが軽くなる毎日を過ごしてくださいね。

休日、無力感に襲われる…

毎日仕事をがんばる中で「休日こそはやりたいことをやるぞ!」と思っていたのに、いざ休日になると体が動かない。そんな経験がある人は少なくありません。ときには楽しみにしていた予定すらもキャンセルしてしまう場合もあるでしょう。

やりたいことはあったのに、結局ダラダラして過ごしてしまう…。アクティブになれない自分に自己嫌悪を感じたり、休日を満喫している友達のSNSを見てむなしさに襲われてしまったりすることもあります。

休日に無力感に襲われる場合、まずは体をしっかりと休めることが必要です。心も体もアクティブになるためには、健康で余裕がある状態を作ることから始めましょう。

外に出たくない主な原因

心身に余裕がある状態を作るためには、体や心が重いと感じる原因を知る必要があります。まずは今の自分の状態を理解することで、充実したアフターファイブや休日を過ごすためのヒントが見つかるでしょう。

ここでは「外に出たくない」と思う原因として挙げられるものを5つご紹介します。体や心を疲れさせている原因と向きあうことで、ベストな解決方法を見つけていきましょう。

1.仕事などで疲れている

毎日の仕事で疲れていると、外に出る気力がなくなります。特に女性は「外に出かける」ということ自体にスキンケアやお化粧などの準備が必要です。シャワーを浴びる場合、ロングヘアーの女性であればブローをするまで1時間以上かかるケースもあるでしょう。

疲れた体を引きずって、大きな労力をかけてまで外に出ることに面倒くささを感じるのは自然なことです。よほど理由がなければ、外に出るよりも「まずは体を休めたい」と思うでしょう。

2.気圧の影響で体が重い

気圧の変化により、自律神経のバランスも変わります。自律神経が乱れるとだるさや吐き気、頭痛など不快な症状に悩まされがちです。気圧は大気の状態によって変化するため、習慣で症状を緩和することはできても完全に防ぐことは困難です。

気圧の変化による不快感は、人によって感じ方が違います。そのため「気圧が低くてつらい、頭が痛くて動けない」と悩んでいても、相手には理解されないことも。つらさへの価値観の違いでトラブルを招くこともあります。

参考:一般社団法人京浜保健衛生協会「気象病に備える」

3.元々外に出るのが苦手・好きではない

外に出るのが苦手な理由には、元々の性格が影響している可能性があります。「本当は外に出たいと思っているのに体が動かない」のではなく「家で過ごすのが好き」「静かな場所で一人で時間を過ごすのが好き」というタイプです。

特に人付き合いが苦手な人や人混みが苦手な人は、わざわざ外に出かけなくても「家」というパーソナルスペースで十分楽しめるため、外に出ることに面倒くささを感じます。安らぎを感じられる場所は人それぞれなので、決して休みに外に出る人間が正しいというわけではないのです。

4.人混みなどに疲れている

毎日満員電車に乗ったり人混みをかき分けて通勤・通学したりしている人は「休みの日くらい、人が少ない場所で過ごしたい」と思いやすい傾向にあります。家であれば一人で静かに過ごせ、オンライン以外で他人の影響を受けることはほぼありません。

一人で過ごすことが好きな人であれば問題ありませんが、本来は外でフラストレーションを発散したいと思っているタイプであれば、何かしらの改善が必要だといえます。心身が疲れた結果、適切なストレス発散すらもできない状態になっているためです。

5.外に出るまでが面倒くさい

着替えてすぐ外に出られる人であれば大きな問題ではありませんが、外に出るまでのタスクが多い人は外出に面倒くささを感じます。また駅や目的地までの距離が遠いほど外出によるコストは増えるため、面倒くささは大きくなるでしょう。

人によってはシャワーや着替え、ブロー、スキンケア、メイク、歯みがき、洗い物、洗濯と、家を出るまでに2時間以上かかる場合も珍しくありません。必要になるタスクを想像すると気持ちが負けてしまい、「最初から何もやりたくない」と思ってしまいます。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP