虚しい気持ちになったときの対処法

ここでは、虚しい気持ちになったときの対処法を5つご紹介します。虚しさに寄りそってゆっくりと自分を受け入れるのか、それとも対極の感情でケアをするのか、自分に合った方法を知ることが大切です。

1.虚しい気持ちになった原因を考えてみる

まずは、自分がなぜ虚しさを抱いているのかを考えてみましょう。心の底から湧きあがる感情には必ず理由があるものです。最近あった悲しい出来事やイライラを書きだすことでヒントが見えてくるかもしれません。虚しさの正体を知ることは、適切な対処を見つけるきっかけになります。

2.「楽しい!」と思えることを見つける

虚しさを感じている理由は「熱中できる何か」がないからの可能性があります。自分が心から「楽しい!」と思える趣味や娯楽に触れましょう。友達からの誘いには積極的に乗り、初めての経験を怖がらずに挑戦してみることが大切です。

3.思い切ってリフレッシュする

精神的に余裕がないと、楽しいはずのことも楽しめない状態に。思い切って休みを取得し、心身ともにリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。知らず知らずのうちにたまったストレスを発散させることで、ポジティブな感情が戻ってきてくれる可能性があります。

4.自己肯定感を高めるトレーニングをする

自分に自信を持つことで、虚しさを感じづらい状態にすることができます。自己肯定感が高い人はすべての物事をポジティブに捉えられるため、努力が無駄になるというネガティブな感覚を持ちづらいものです。

以下の記事では自己肯定感が高い人の特徴についてまとめているため、自己改善もヒントとしてぜひ活用してくださいね。

自己肯定感が高い人の特徴&低い人の特徴|両者の決定的な違いとは⁉︎

5.ストレス発散法を取り入れる

ポジティブな価値観を持つためには、心身の健康が必要です。定期的なストレス発散の機会を設けて、ネガティブな感情を内側にためこまないように心がけましょう。

虚しさを感じてしまうときは、物事に悲観的になっていることが多いものです。終わってしまったことや失ったものを思いだす時間を、今周りにいる人や物を愛する時間に変えられるように、精神的に余裕のある環境を意識的に作りましょう。

リフレッシュして、新たな気持ちを取り入れよう!

今回は、虚しさを抱いている人の心理や特徴、虚しい感情への対処法をご紹介しました。虚しさは大きな喪失感による可能性もあり、すぐに解決できるとは限りません。だからこそ虚しさの原因や正体を知り、感情を受け入れることが大切です。

虚しい感情を無視して無理やりプライべートを充実させようとしても、かえって苦しさは増してしまいます。自分の中から湧き出るありのままの感情を受け入れ、認めてあげましょう。虚しさを感じることは決して悪いことではありません。

ネガティブな感情と上手に付きあいながら、自分ならではのメンタルコントロール方法を見つけてくださいね。ときには賑やかさから離れ、静かで穏やかな時間を過ごすことも大切なのです。

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP