楽に生きるコツとは?

私たちは、ただ生きているだけでも多くのストレスを感じています。1つの悩みを解決しても、またすぐに違う悩みを抱えてしまうでしょう。人間関係や貯金、健康、恋愛など、生きている限り悩みは尽きません。

精神的に楽に生きるためには、悩みの数を減らすことが有効です。しかし悩みの原因を完全になくすことは不可能といえるでしょう。つまり楽に生きるために大切なことは、悩みを悩みと思わないための精神力です。

悩みやストレスはなくならないからこそ、物事の受けとり方を変えることで、人生を生きやすくすることが可能です。感性や価値観はすぐには変えられないため、新しい習慣を少しずつ取り入れていくことが重要になります。

精神的に楽に生きる方法

精神的に楽に生きるために必要な考え方は、自分の心を尊重することです。心の声に耳を傾けて本心を尊重し、ありのままの自分を愛してくれる人を大切にしましょう。

ここでは、精神的に楽に生きる方法を4つご紹介します。ときには肩の荷を下ろし、リフレッシュをする時間も大切です。ストレスをずっと抱えつづけていると悲観的になり、視野も狭くなるものです。上手にメンタルをコントロールしながら、物事をポジティブに受けとれるように努めましょう。

1.他力本願になってみる

生きづらさを抱えている人は、自分一人の力だけで物事をなしとげようとする傾向にあります。責任感やプレッシャーに苦しむのではなく、素直に周囲にサポートを求めることをおすすめします。

よい意味で、他力本願な考え方を身につけましょう。「自分がやらなければならない」という考え方を手放し、チームで問題を解決する習慣を取り入れてください。

2.こまめに不満や不安を吐き出すようにする

ストレスは一人で抱えこまずに、こまめに周りに吐き出しましょう。特にプライドが高い人は「愚痴を言う=弱みを見せる」という意識になりやすく、ストレスを他人とシェアすることが苦手です。また、他人からの評価を気にしている人も「愚痴を言ったら嫌われてしまうのではないか」と不安に感じる傾向にあります。

しかし、ストレスを外に出さずにいると自分の中で膨らみつづけ、いつしか爆発してしまいます。身動きが取れなくなってしまう前に、言葉で吐き出してリセットするように心がけてください。どうしても愚痴を言いづらい人は、匿名のSNSアカウントを作成して発散するのもよいでしょう。

3.自分を傷つける対象から距離を置く

精神的に楽に生きるためには、ストレスの原因から距離を取ることをおすすめします。意地悪を言ってくる人や言葉がキツい人とのコミュニケーションを避け、優しい言葉をかけあえるコミュニティに混ざるようにしましょう。

仕事上どうしても接しなければならない場合は、仕事以外の話をせずにビジネスライクに対応することが大切です。あなたのことを大切にしてくれない人との関係性を、あなたが大切にする必要はありません。

目に映る場所にストレスの原因がないというだけで、精神的に楽になります。人生を送る上で必ず真摯に向きあわなくてはいけない事柄以外は、ストレスが少ない選択肢を優先して選んでみましょう。

4.しっかりと心と体を休める時間を作る

心身ともにゆっくりと休息できる時間を設け、余裕を作るよう努めてください。体が元気でも心が疲れていてはネガティブな考えになりやすく、体が疲れていては健全な精神はなかなか宿りません。ただ体を休ませるのではなく、精神的にも解放感を得られる休み方が大切です。

特に残業や休日出勤が続いてプライベートの時間が取れていない人は、自分らしさを見失いがちに。まとまった休みを設けて自分らしさを取りもどす時間にしましょう。できれば、翌日の仕事のことを考えないために連休を取得することをおすすめします。

休みの期間は体を休めることはもちろん、自分は何が好きなのか・何をしているときに楽しいと感じられるのかを今一度思い出す時間にしましょう。温泉やマッサージなど、日常から離れれる時間の使い方をすることで心も体もリセットされます。

METLOZAPP

METLOZAPP

フリーランスwebライター/ボーカリスト。パニック障害やうつ病を患った経験を活かし、悩みを抱える方の心を暖められる記事をお届けします。得意分野はメンタル/恋愛/ペット。月と星と花と猫が好き。

関連記事

特集記事

TOP